アクトビジョン 人と組織の未来のために

選手が毎年入れ代っても勝ち続けるチームは……

2015-06-10

成長する人材。活性化する組織。

共に働くかけがえのない人たちと、大切な組織を活き活きと進化発展させたい。
そんな熱い想いで組織を担う皆様を、心から応援する組織活性のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
アルバイト・パート活用と、その超活性化。

もう一頁、甲子園でたくさんのドラマを生み出す高校野球を例にご案内を進めましょう。

選手が毎年入れ替わっても、勝ち続けられるチーム……。

そんなチームには、名監督と共に 「 勝てるチーム 」 「 甲子園に出場するチーム 」 の

『 DNAとでも呼ぶべきもの 』

が形成され、それが脈々と受け継がれてもいます……。

まず1つめは 「 自分達は甲子園を目指すチーム、甲子園に出場し続けるチームである 」 という組織としての高い自己イメージ高い自己満足値高い目標バー

2つめには、それを達成すべく脈々と引き継がれていくノウハウスキル知識考え方

そして3つめには、それを支えている組織風土組織インフラ、制度仕組み……例えば、厳しい練習メニューや育成プログラムを日常茶飯として継続し続ける密度の濃い組織習慣 、充実したグランド設備や練習用具、成長する選手へのチャンスや処遇……などでしょう。

これらによって、毎年どんなに 『 選手 = 人 』 が入れ替わり続けても、組織としての

『 次元の高いセルフイメージ 』

『 次元の高い基準値やスタンダードレベル 』

は変わらずに脈々と受け継がれ、勝ち続ける活性したチームであり続ける。

勝ち続けられるチームは、勝ち続けるチームへの扉を開くマスターキーを幾つも持っているのです。

 
このことを企業や各店にあてはめる時、同様に入れ替わってしまうアルバイト・パートさんの比率が高いからこそ、参考にしたい沢山のことが見て取れます。

最初の、自分たちは甲子園を目指すチーム、甲子園に出場し続けるチームである……という組織としての高い自己イメージ高い自己満足値高い目標バーはどうでしょう。

ここは、甲子園を目指す高校野球部に集う選手達がそうであるように、『 募集 』 『 受付 』 から 『 面接 』 『 選考 』 という 「 組織創りの入り口 」 がポイントになってきそうです。

次の、引き継がれていくノウハウスキル知識考え方はどうでしょう。

ここは、『 採用 』 した後の 『 導入 』 『 定着 』 『 育成 』 段階が大きなポイントになるでしょう。

最後の組織風土インフラ制度仕組み組織習慣チャンス処遇はどうでしょう。

ここは育てた人材が活き活きと 『 活躍 』 し、そして更に期待以上に 『 活性 』 する仕掛けと関係がありそうです。

10Point_Link_4Step

これらを改めて整理してみると『 募集 』 から 『 活性 』 までの 「 10のポイント 」 は、大きく分けて、

『 集める! 』 『 つかむ! 』 『 育てる! 』 『 活かす! 』 という4つのステップ

で、出来ていることが分かります。

“ 人 ” が入れ替わり続けても、『 組織やチームとしての高いセルフイメージ 』 、『 高い基準値 』 、『 高いスタンダードレベル 』 が変わらずに受け継がれ、勝ち続け、活性し続ける組織やチーム創り。

そのコツは、上記のような10のポイントと、

『 集める! 』 『 つかむ! 』 『 育てる! 』 『 活かす! 』

という4つのステップで、脈々と受け継がれていくというわけです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート採用・活用前章へ次章へ活性スパイラルに舵を切る」→

ページ上部へ戻る