アクトビジョン 人と組織の未来のために

「名店長」が知る「高校野球の名監督」の想い?!

2015-06-05

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読戴きありがとうございます。

ご案内しているアルバイト・パート育成、アルバイト・パート活用のコツ。

いきなりですが 「 高校野球の名監督 」 の登場です。

アルバイト・パート比率の高いお店の店長高校野球の監督

えっ、どんな共通点が?

そう想われる方もいらっしゃるかもしれません。

super_activity_passion_0
アルバイト・パートさんの比率が高い企業様や店長様にお話を伺っていると、

「 いろいろ手間暇かけ想いを込めて、たくさんのことを教えたとしても、
   結局学生さんは2~3年で辞めてしまう…… 」

と、アルバイト・パートさんの育成に、消極的になっている方に時折出会います。

その人材にかける労力の割に、結局組織として何も蓄積されていかない……。
せっかく創った組織やチームも数年で変わってしまう……と仰るのです。

そんな時、私はまず 「 高校野球の名監督 」 を話題にし、続けてこんな話をさせて戴くことがあります。

高校野球の選手達も、同じように2~3年間で卒業し、毎年毎年入れ替わっていきます。

けれど、

甲子園の常連になるチームは 『 選手 = 人 』  が入れ替わってもチーム力は高いまま。

毎年 『 選手 = 人 』 が入れ替わっても、ほぼ毎回のように甲子園に出場している高校まであるでしょう。

そういったチームの監督さんは……とお伝えした瞬間、多くの方は、はっと何かに気づいたような表情を浮かべられます。

そこには選手が毎年入れ替わっても決して消極的にならず、

組織が変わり続ける中で真摯にチームを磨き続ける

……まさに名監督さんがいらっしゃるのです。

名監督さんは、毎年選手が入れ替わっても、毎年強いチームを作り続ける!! という強い想いを持ち、そのコツを知っていて、延々と実践し続けています。

選手が入れ替わり続けても、毎年甲子園に導いている高校野球の名監督。

その方々が 「 常に勝ち続けられるチーム 」 を創り続ける “ 想いとコツ ” 。

それをアルバイト・パート比率が高いお店の店長様も応用しましょう!というわけです。

人が入れ替わることを嘆くのではなく、入れ替わっても入れ替わっても変わらない想いで 「 組織を磨き続ける 」

この意味では、沢山のアルバイト・パートさんを採用しながら、常にお店を活性化し続ける店長様は、高校野球の名監督に通じるものがあると言えるでしょう。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート採用・活用前章へ次章へ活性スパイラルに舵を切る」→

ページ上部へ戻る