アクトビジョン 人と組織の未来のために

大変化の時代が求める『自走進化型人材』①

2012-11-26

人材育成や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、人と組織をわくわく元気にしたい。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する 「 人材育成 」 のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前章のご案内 を踏まえた上で、同じ環境、同じ機会の中で、より高みへと成長する+αの力が 『 自走力 』 です。

『 自ら成長を加速する力 』 と言っても良いでしょう。

セミナーや研修の場では、私はこれを 『 自走進化型人材 』 『 自走進化型組織 』 という表現で発信し 『 操縦進化型 』 のそれと対比させご案内しています。

最終章では、大きな時代の変化の中、この 『 自走進化型 』 がキーワードになってきた……ことに触れておきましょう。

◊ ◊ ◊

振り返ってみると、1980年代迄の高成長時代は、育成の 「 主役 」 が企業や上司でも、ある程度上手くいく場面が多かったように感じます。

マーケットが拡大を続ける中、市場が求める価値提供の構造も今よりずっとシンプル。

新人は、とにかく組織の一員として 『 定型業務 』 を覚え、それをこなすことができれば、ある程度の価値提供に繋がり一人前として認められていました。

しかし、時代は大きく変化しています。

多くの分野で拡大から縮小へギアを切り替えた日本の国内市場の中、経済環境はより厳しさを増し、競合環境は激しくなる一方。

業界によって過去の経験からの発想では対応しきれない局面が次々と現れ、『 定型業務 』 だけで提供できる価値は、どんどん目減りし縮小しているのが現状です。

多くの企業でも、仕事内容やノウハウ、そして商品構成まで……より高度に、より多様に、より複雑化している……のが実情でしょう。

 
こういった時代は単なる 『 定型業務をこなす力 』 を越えた、

『 変化に対応すべく、自ら考え、自ら新しいやり方や創意工夫を生み出す力 』

が、一人前の証に代わってきます。

これまで自社が 『 お客様に選ばれていた理由 』 は、急速にあたりまえになり、競合他社は次々に更に良いもの、より魅力的なものを生み出し提供しています。

対面のお客様が 『 満足する価値提供のレベル 』 は少しずつ高くなり、同じ 『 価値提供 』 を繰り返すだけでは、やがてお客様から “ 卒業 ” されてしまう時代。

激しい環境の変化の中、市場の要望が高度化し、多様化し、複雑化しているのですから、

『 これまでのやり方 ≒ 定型 』 だけでなく、
『 変化に対応するやり方 ≒ 非定型 』 までをこなせることが一人前……

という時代になってきたのです。

 
進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンは、著書 『 種の起源 』 の中でこう記しています。

『 生き残り進化してきた種は、最も賢かった種でも、最も強かった種でもない。
    唯一生き残り進化してきたのは、変化に対応してきた種だけである…… 』

百年に一度とも、千年に一度ともいわれる大きな時代の変化。

その変化の中で成果を生み出し、活躍していく人材になるためには、

『 変化に対応すべく、自ら考え、自ら新しいやり方や創意工夫を生み出せる 』

方向こそが、成長の証……。

時代の流れは、そんなメッセージを強力に発信しているかのようです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「変化の時代-人が育つ組織とは」前章へ

ページ上部へ戻る