アクトビジョン 人と組織の未来のために

人材育成の大前提 ‐ 成長の「主役」は本人

2012-08-24

組織活性化のための人材育成のヒント集。

これまでを振り返ると 『 どう育てるか? 』 と、なんだか 「 主役 」 が企業側や上司側……育成する本人の周り……にあるように受け取る方もいらっしゃるかもしれません。

そこで最後に、

『 成長の主役は、あくまでも本人 』

である……ということを、改めて押さえておきましょう。
 
 
私の持論のひとつでもありますが、

成長の 「 機会 」 や 「 環境 」 はいくらでも提供できる。
けれど 「 成長 」 自体を提供することはできない。

という真理を忘れて人材育成にあたると、これまでご案内したことは全て本末転倒になってしまいます。

成長の機会や環境はいくらでも提供するけれど、それは上げ膳据え膳、至れり尽くせり……ということではない。

本人が受け身の姿勢で 「 成長させてもらえる 」 ……と周りをあてにしている姿ではなく、主体的に 「 自ら成長しようする」 姿こそが、これまでのご案内の大前提です。

◊ ◊ ◊

「 最近の新入社員はどうも受け身で…… 」

多くの企業様のお声です。

言われたことは卒なくこなすけれど、自ら能動的に動く姿が少ない。

研修でグループごとにリーダーを決めようとしたら、互いに譲り合って誰も手を上げない。

解らない事があったらどんどん質問、相談してね……と伝えても、質問や相談がないまま、結局自分たちなりのやり方で小さく自己完結してしまうことが多い。

・    「 社会の中の自分 」 から 「 自分の中の社会 」

・    「 自分らしく 」 から 「 自分サイズ 」

・    「 閉じられた連帯感 」 、「 コミュニティキャラ 」 、「 自己肯定による自己完結 」

など、ここ数年は背景となる若者意識の変化を表した言葉が次々と生まれ、

「 なんだか、いつまでも空気を読んでいるというか……失敗を極端に恐れるというか…… 」

というお声が多くなっているように感じます。
※これらのキーワードの背景は こちら で少し掘り下げています。

ここで人事を担う方々の多くは、そもそも……と、採用手法へも視界を広げていきますが、それでは来年まで待たなければならず、根本解決にはなりません。

受け身の姿勢から、能動的な姿勢。

自己完結で小粒な成果から、周囲を巻き込み大きな成果。

言われたことだけでなく、言われたこと+α……そして言われなくてもやるべきことを探し、積極的に挑戦し成し遂げる。

そんな、自発的、主体的に行動する姿へ、変化を促すかかわり方の工夫が必要なようです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「ティーチングとコーチング」前章へ

ページ上部へ戻る