アクトビジョン 人と組織の未来のために

ロールモデル機能①

2012-07-25

組織活性化、進化発展する組織創りのための 「 人材育成 」 のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
人材育成の5つの基本機能

モチベーターコーディネーター に続いては ロールモデル機能 」 のご案内です。

 
以前ご紹介した育成担当者のレクチャー。

そこでロールモデルのセッションに進むと、私はこんな話をすることがあります。

皆さんが育成するメンバーは、皆さんの “ 言っている通り ” には、なかなかなりませんが、皆さんが “ しているとおり ” には、間違いなく、なっていくものです!

ここでは毎回、多くの方たちの顔が 『 みるみる引き締まっていく 』 のを肌で感じます。

自分自身が 「 模範 」 となり、「 見本 」 を示し、「 お手本 」 でなければならない。

更に、新人の目標 」 になることまで求められるのですから、武者震いする方が出るのも頷けます。

これまでの 「 モチベーター機能 や コーディネーター機能 」 も、人材育成の視点からは、とても大切な機能です。

けれど、実際の仕事の手順や、具体的な仕事の細かいやり方、仕事に向かう姿勢や情熱などは、育成担当者自身が日常で 『 お手本 』 『 見本 』 を示さなければ、なかなか伝えられるものではありません。

やってみせ、言ってきかせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ 』

山本五十六元帥の有名な言葉にもあるように、人材育成で 『 やってみせ…… 』 は不可欠な要素というわけです。

このように、ロールモデル機能は育成メンバーの 「 模範 」 となる機能であり、具体的な 「 見本 」 「 お手本 」 を示す機能のことです。

この機能は、更に発揮されていくと、“ ◎◎さんのようになりたい ” という

憧れの存在 」

になっていったり、“ 1年後に◇◇さんのように力をつけるぞ! ” という

目標となる存在 」

にまで拡大していきます。

高いレベルで活き活きと働く先輩を見て、そこに数年後の自分の 「 理想の姿 」 を見出した経験は、きっと多くの方がお持ちのことでしょう。

『 なるほど、そういうふうにやるんだ 』

に始まり、

『 〇〇さんは素敵だな 』

『 △△さんのようになりたい 』

という存在が常に身近にいて、その人材が企業や組織にとっても 模範 」 見本 」 お手本 」 的な動きをしていたなら……。

それは相乗作用となり、他のさまざまな人材育成の動きを、何倍もの効果に高めます。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「コーディネーター機能」前章へ

ページ上部へ戻る