アクトビジョン 人と組織の未来のために

モチベーター機能① モチベーション3×3のポイント

2012-06-11

人事や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、部下や後輩達の育成を担う皆様を応援する、発展する組織創りのための人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
人材育成5つの基本機能

まずは、モチベーター機能 のご案内です。

「 モチベーター 」 「 モチベイト 」 「 モチベーション 」 ……多くの皆様にお馴染みで、 「 やる気・意欲 」 「 動機づけ 」 や、時には 「 使命感 」 の意で使われている言葉です。

この 「 モチベーター 」 や 「 モチベーション 」 という言葉から思い出すのは、リクルート時代、私が初めて部下をもった場面での上司との会話でしょうか。

今までは 『 自らハートを燃やしている 』 だけでも良かったが、これからは 『 周りのハートに火をつける 』 機能も更に積極的に活用する立場になった……

上司は熱い口調で傍にあったホワイトボードまで使用しながら、更にこんな話を続けます。

「 ビジネスマンには3種類の人たちがいる。

『 周りから火をつけられたら燃える人 』

『 自らハートを燃やしている人 』

『 自らハートを熱く燃やし、周りのハートにも火をつけてまわる人 』

『 周りから火をつけられたら燃える人 』 も、『 周りのハートに火をつけてまわる人 』 と一緒なら、『 自らハートを燃やす人 』 になる。

だから組織は 『 1+1 > 2 』 という構造になり、人は互いにハートの火を燃え上がらせ進化・発展してきたというわけだ! 」

その口調のあまりの熱さ……。

当時やんちゃだった私は、

「 火をつけても消える人 」 「 そもそも火がつかない人 」 「 燃える火を消して回る人 」

もいますよね……と言い返し大笑いされてしまいましたが、モチベーター機能とは、まさに 『 周りのハートに火をつけてまわる 』 機能のことです。

『 人は動機によって、自ら行動を起こす 』 という言葉があります。 

それが外発的なものであれ、内発的なものや自律性に基づくものであれ、

高い動機付けのもと、自ら本気で全身全霊を込めた行動の方が、より高い成果、求める結果につながり易くなる

のは、皆様もご納得のことでしょう。

では、「 高い動機付け 」 や 「 やる気 」 や 「 意欲 」 のために、どうしたら良いのか?

これは変化する時代の中、様々な領域で注目される視点ですが、ここでは現場の人材育成へ向けて、すぐ活用し易い、シンプルなものをご紹介しておきましょう。

3points-of-motivation

たくさんの企業様にお伺いし、様々な組織でひとりひとりの 『 ハートに火がつく 』 状況に眼を凝らすと、まず大きく分けて3つの外せないアプローチが浮かび上がってきます。

これは、ずいぶん昔にヒットした流行歌の節に乗せると覚え易いので、私はセミナーや研修でご案内する折に思わず歌いだすこともあるのですが、すなわち

現在 』 『 』 『 未来 』 ~ ♪♪♪

からのアプローチです。
( 最近、徳永英明さんがカバーしたので若い方もご存知かもしれません…… )

えっ、現在、人、未来……? それがどうモチベーションと関係しているの?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

次回は、この3つのアプローチがモチベーションとどう関係するのかも含め、詳しく掘り下げていきます。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成5つの基本機能」前章へ

ページ上部へ戻る