アクトビジョン 人と組織の未来のために

『働く意味』『仕事とは何か』の共有

2012-01-25

活き活き成長する人材。わくわく活性化する組織。

共に働くかけがえのない仲間と、大切な組織をもっともっと進化・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様を応援する、人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

sympathy_01

『 あなたは何のために働くの? 働くってどういうことだと想う? 』

前回の話 を受け、今回から5回に分け、いわゆる 『 健全な仕事感や共通の価値観 』 を育むための一例として、よく新人研修などで共有している話をご紹介しておきましょう。

『 皆さんにとって働くってどんなことですか? 』
『 皆さんは何のために働くんでしょうか? 』

毎春の新入社員研修。

そこで私は 「 スキル 」 や 「 知識 」 の研修の前にそんな問いかけをし、新入社員同士でディスカッションをしていただく時間をとることがあります。

「 お金を稼ぐため 」
「 働かないと生活できないし…… 」
「 学校を出たら皆働いているし…… 」

毎回いろいろな意見が出される中、私はこんな話を付け加えてみます。

『 考えるヒントとして、今皆さんが着ているその服を例にとってみましょう 』

今の新入社員たちは、ほとんどのメンバーが上質なウールのスーツを着ています。

その服を皆さんが着るまでに…… 

羊を飼う人-図

どこかで羊を飼う人がいて
羊の毛を刈る人がいて
刈った毛を、洗う人がいて……

それを紡いで糸にする人がいて
その糸を染色する人がいて
それを織って布にする人がいて……

洋服をデザインする人、布を裁断する人、洋服へ縫いあげる人、できた洋服を保管する人-図

別にその洋服をデザインする人がいて
そのデザインどおりに布の型を取る人がいて
その型どおりに布を裁断する人がいて……

別にボタンやファスナーを作る人もいて
裁断された布を洋服に縫いあげていく人がいて
できた服を販売店へ運んでいく人がいて
そしてようやく、お店で、それを売る人がいて……

洋服を運ぶ人-飛行機-船-トラック-洋服を店で売る人-図

なんだか今着ている服ひとつを取ってみても、それはそれは沢山の人たちが 「 はたらく 」 ことで、今、自分はこの服を着ることができているということに気づきます。

他にもいろいろあるでしょう。

今、皆さんが履いているその靴。今、皆さんが使っているその鞄。
今朝、飲んだあのコーヒー。昨夜、お腹いっぱい食べたあの食事。
現在、住んでいる家。夜、部屋を照らしてくれた灯……。

さまざまなことに想いをめぐらせ、同様に考えていくと、自分のために、それはそれは沢山の人たちが 「 はたらいている 」 ……そんな本質が見えてきます。

本当に沢山の人たちが自分のために 「 はたらく 」 ということが見えてくる中で、皆さんは、自分だけは何もせずに、それらを受け取るだけでいられるでしょうか?

自分も、なにか返したいと、“ むずむず ” するような感覚が湧いてこないでしょうか?

……。

ここまでくると、多くの新入社員たちも、はっと何かに気づいたような表情を浮かべます。

そうして、

「 はたらく 」 の語源や、本当の意味ってどういうことだと思いますか?

という問いかけをし、またディスカッションを続けていきます。

「 はたらく 」 の語源を考え想いを深めたり、自分達で想いを巡らせ、 「 はたらく 」 ということの本当の意味について定義してみる。

こうした過程を通し、まさに 『 健全な仕事感や共通の価値観 』 を育むことに繋げていくわけです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「OJTとOff-JT」前章へ・次章へ「人材育成とPDCA」→

ページ上部へ戻る