アクトビジョン 人と組織の未来のために

OJT と Off-JT ⑧ 育成プログラムの体系化

2012-01-16

活き活きと成長していく人材。わくわくしながら進化・発展していく組織。
人の成長と組織の活性化に日々ご尽力の皆様を応援する、人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々お読み頂きありがとうございます。

 
ご案内しているOJTとOff-JT。

それを連動させ、計画立て、継続し、具体的に人材育成を押し進める 『 育成プログラム 』 の体系化

えっ、育成プログラム? 体系化? うちはどうしていたかな……。

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

『 育成プログラム 』 の体系化についてご案内する折、

皆様も良くご存知で、きっとご経験のある、大変優れた育成プログラム……

と、私がよく例に上げて、イメージを共有する雛形にさせて戴いているもののひとつに、『 自動車学校 』 や 『 自動車教習所 』 のカリキュラムがあります。

training_program_0005

自動車を運転したことがなく、自動車を運転できない ( =育成前の人材の ) 教習生さんを、ほぼ100%に近い確率で、自動車を運転できるようにしてしまう ( =成長させてしまう ) プログラム。

まさに 『 できないことを、ほぼ100%できるようにする 』 ……お手本となるプログラムのひとつです。

 
まず、前回の 育成する5つの領域『 知識 』 『 スキル 』 についてですが、

『 知識 』 と 『 スキル 』 同様、『 学科 』 と 『 技能 』 に分かれている点。

『 知識 』 は “ 勉強 ” 、『 スキル 』 は “ 練習・訓練 ” という習得原則に基づいている点。

その上で 『 考え方 』 『 マインド 』 についても、

自動車を運転することの責任、命の大切さ、それ故に安全運転が如何に大切か
更には自己診断テストまで行い、自分の運転傾向と運転時の注意点まで ……
と、要所要所がっちり鏤められている点。

など、しっかりそれぞれ網羅されています。

またご案内してきた 『  OJTとOff-JT 』『 育成担当者 』 についても、 

『 OJT 』 同様、『 技能 』 は実際に車の運転をしながら習得する形である点。

『 Off-JT 』 同様、『 学科 』 では実際の車の運転を離れ、座学やシュミレーターなどで基本的な知識やスキルを学ぶ形になっている点。

Off-JTにあたる座学の場では、「 ロールプレイング 」 や 「 ケーススタディ 」 等、企業でのOff-JTでの教育訓練に用いられる手法も随所で使われている点。

習得にあたって、常に 『 育成担当者 』 ( =教習指導官ですね )  がついて指導・育成し、個々人の特性や習得レベルに応じた指導・育成を行っている点。

そこで、沢山の成功体験を積ませながらも、時にそのまま小さな失敗も体験させ、けれど大きく逸脱しそうな失敗は未然に修正し、大きな事故は防いでくれている点。

など、まさに企業における人材育成の基本的な形と同じ構造になっています。

 
これらを踏まえた上で、特に 『 プログラム 』 作りの雛形としたいのは次の3点です。

それぞれ、第一段階、第二段階・・・仮免許段階、等、ステップごとのゴール ( 目標 ) と、その順序が細分化、体系化されている点。

その体系は、徐々に難易度を上げながら作られており、その順序で習得すれば、誰でも無理がないように組み立てられている点。

そのため当事者が毎回自動車学校に通う度に成長実感を得られ、『 ああ、自分はどんどん車の運転ができるようになっていく…… 』 と続けたくなる体系、モチベーション維持も考慮した体系になっている点。

多くの方が三日坊主で終わらず、ほとんどの方が運転免許証を手にできているのは、こうした 「 しくみ 」 の賜物だともいえるでしょう。

更に細かいところでは、

ステップが上がる前に、時折、効果測定 ( 模擬試験 ) を挿む点。

プログラム全体が事前に衆知され、進捗表を渡されている点。

ひとつのステップを習得する度に押される教習指導官の印で、現在どこまで習得が進み、残りどのくらいで終了するのか、習得プロセスを一目瞭然にする上手なプロセス管理となっている点。

なども見ることができ、習得度確認進捗管理という点でも参考にできます。

もちろん、前回ご案内の 『 連動性 』 『 計画性 』 『 継続性 』 という重要な要素もしっかり完備。

まさに企業における育成プログラムにおいても、雛形にしたい点が満載です。

人材育成にお悩みを持ちながら、まだ育成プログラムを体系化していない企業様は、

この仕事の 「 学科 」 と 「 技能 」 にあたるものはなんだろう……

この仕事の 「 第一段階 」 「 第二段階 」 にあたるものはなんだろう……

この職種の 「 仮免許 」 にあたるものはなんだろう……

この育成体系の 「 教官の印 」 ( ≒プロセス管理 ) にあたるものは……

昔通った自動車学校のカリキュラムを思い出し、そんなところから抽出し、整理してみては如何でしょう。 

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成5つの領域」前章へ

ページ上部へ戻る