アクトビジョン 人と組織の未来のために

OJT と Off-JT ⑥ 継続して人を育む

2011-12-26

人材育成や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、人と組織を成長させたい……
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

ご案内しているOJTとOff-JTの連動性・継続性・計画性

今回は、2つめの継続性について掘り下げておきましょう。

 
前回同様、新入社員が初めてのOff-JTを終え、配属先の職場で実際の仕事に就くタイミングをイメージしてみてください。

ここで皆様の組織では、

OJTで、いつまでに、どんなことを、どのように習得し向上してもらうのか明確

になっているでしょうか?

更に続けるなら、

その習得や向上のため、育成担当者や、指導育成の機会や時間が決められている

でしょうか?

「 えっ、育成って……先日の集合研修で終わったのでは? 」

「 日々仕事の中で指示命令していますが、これはOJTじゃないんですか? 」

「 事件は現場で起こっているんです。早く仕事をしてもらわないと…… 」

と、配属先の職場で担当や育成テーマを明確にせず業務に就かせている場合は要注意。

Off-JTで集中して指導したのだから……と、その後の育成へのかかわりが途切れてしまっているかもしれません。

 
継続は力なり。

才能の差は小さいが、努力の差は大きい。そして、継続の差はもっと大きい……。

昔から、人材育成に留まらず、継続性の大切さは多くの言葉で伝えられています。

学生時代、部活動で 「 練習は1日休むと取り戻すのに3日はかかる 」 と教えられ、皆で休日も登校し練習していたのを思い出しますが、ビジネススキルも新人の頃は同じ状態のように感じます。

1日休むと取り戻すのに3日……どころか、毎春のゴールデンウイークの連休後、すっかり忘れてしまったか?!……のような場面にまで出会うでしょう。

まして、習得すべきスキルの中には、繰り返し継続することでこそ身に付き、磨かれていく領域も多いもの。

こうした領域は、OJTでしか高められられないわけです。

Off-JTではOff-JTにしかできない役割、OJTではOJTにしかできない役割があることを踏まえ、それぞれの役割を果たしていく。

新入社員を育む機会を、決して新入社員研修だけにしてしまってはいけません。

OJT_Off-JT_04

上記は、入社した人材の成長モデルの一例です。

上のオレンジと青が続く曲線はOff-JTからOJT、OJTからOff-JTへと継続性ある組織のケース。

下の点線は最初のOff-JT……新入社員研修を最後に、意図的、体系的な育成へのかかわりが途切れてしまった組織のケースを示しています。

この図を見て頂くと、入社したばかりのスタート地点では、そこに全く差はありません。

けれど、「 継続性 」 があるかどうかという違いだけで、それは時が過ぎれば過ぎるほど、やがて大きな差になってしまいます。

一度きり、やりっぱなし……は、まさに人材育成の大敵のひとつ。

強い味方になるのは……やはり、「 継続は力なり 」 なんですね。

← 「人材育成5つの領域」前章へ・続きへ「OJTとOff-JT P3」→

ページ上部へ戻る