アクトビジョン 人と組織の未来のために

紡がれた想いが動き出す時

2011-10-31

人事や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、人と組織を成長・発展させたい……
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い気持ちで応援する人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

 
ご案内している、育成方針を明確にし、組織全体で共有する

今回は、共有と同時に取り掛かりたい、もう一つの大切なポイントをご紹介しましょう。

 
前回 掲出させて戴いたC社様の育成方針。

hrd_policy_02_S※こちらをクリックすると別画面で拡大します

ここで加えてご案内しておきたいのは、この育成方針が、日々の業務の様々な場面の中で 「 頻繁に使われている 」 という事実です。

指導育成者が育成メンバーとかかわる日々の場面。

組織責任者と育成メンバーとの面談の場面。

他、「 人事評価制度 」 の運用場面はもちろんですが、会議やミーティング、時には朝礼や夕礼で話題の素材として使われたこともあるそうです。

これを踏まえて、ご案内したいもうひとつのポイントです。

それは、育成方針はただ共有するだけではなく、

活用され続ける場面、推進されていく仕組み

を整え、その育成方針へ向かう様々な変化を加速させる……ということです。

育成方針を共有したなら、それを実現する具体的な打ち手や仕組みに取り掛かる。

丁寧に紡がれた言葉に、ひとりひとりが動き出す……その動きをそっと後押しするような、更に加速させるような……そんな打ち手や仕組みはないかな……と様々に想いめぐらせて、一つ一つ実行していくわけです。

 
C社様でも、育成方針を共有した後、様々な仕掛けや仕組みが実行されていきました。

そこから、一例として、ひとり一人が自らの行動計画へ落とし込む流れができるのですが、中でも新入社員の皆さんの動きがとても嬉しく、なんだかワクワクさせられたといいます。

例えば「Ambition」という項目の、新入社員から1~2年目にあたる開発・習熟期の中に、「 社会人としての基礎を固める 」 という方針があります。

これを受け止めた新入社員の皆さん。

では 「 社会人としての基礎が固まった状態 」 とはどんな状態なのか……と考えます。

けれど、各々が異なる状態をイメージしていては、かけがえのない同期の間で成長に違いが生まれてしまう……。

ここで2つめの項目「Collaboration」が登場します。

早速、「 協働 」 や 「 連携 」 の力を実践し始めたのです。

新入社員の皆さんは 「 コラボしよう!! 」 と声を掛け合い、自主的に集まり、議論を重ね、より噛み砕いた具体的な状態を整理し共有する……と様々な動きへ発展させていきます。

そして共有した状態になるために、毎日のプラスαの行動、毎週何をどんなペースで進めるか等の行動計画を新たに策定。

次の日からは上司も交え、日々互いに励まし合いながら計画を遂行……というアクションへ繋がっていきました。

( もちろん、そこに組織マネジメントを担う方々の、温かい応援やオブザーブ等があったことは言うまでもありません。 )

 
育成方針を共有した後の打ち手が、具体的な動き、新たなシーン、ワクワクする物語を創りだす。

そのための仕組みを整えアクセルを踏み込むことでこそ、組織の進化は加速します。

ここは 「 人事・評価制度 」 とも大いに連動するところですが、現場の育成視点からでも 「 OJTとOff-JT 」 「 PDCAサイクルの活用 」 「 人材育成のフォーメーション 」 などは、とても重要なポイントです。

それぞれについては、2つだけ別の視点を挟んだ後、順に詳しくご案内していきましょう。

← 「人の成長・組織の活性」前章へ・次章へ「人材育成とは」→

ページ上部へ戻る