アクトビジョン 人と組織の未来のために

サッカー選手に野球の練習をさせていませんか?

2011-10-14

企業経営者様や店舗オーナー様をはじめ、人と組織を活き活き元気にしたい……
そんな熱い想いの全ての皆様を応援する、人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。

たくさんのウエブサイトの中からactnavi.comへお越し頂き、ありがとうございます。

組織活性化のための連載コラム……まずは、今年、組織として初めて国民栄誉賞を受賞し、年末には流行語大賞にもなりそうな『 なでしこジャパン 』の話から始めましょう 。

サッカー_キックオフ_図

2011年女子サッカーワールドカップでの初優勝。

最後まで諦めないひたむきな姿勢と、折れない想いが生み出した勝利の感動。

それは、本当に沢山の人たちに勇気と元気を与えてくれ、3月11日の震災からの復興へも、心強い大きなエールになりました。

強豪アメリカチームとの決勝戦は、一進一退。
同点のまま、ついに延長戦に入ります。

そこでまたもや先制されハラハラする中、試合時間は残り4分……。

ここで、『 最後まで諦めない…… 』 と強い想いで澤穂希選手が放ったシュート。

そのボールがアメリカチームのゴールネットを揺らし、同点ゴールが決まった瞬間……。

その感動は、早朝にもかかわらず、思わず私も大きな歓声をあげたほどでした。

 
さて、例えばですが……。

この澤選手が一生懸命 『 野球 』 の練習をしていたとします。

バッティングや野球の守備が上手くなり、ホームランを量産できる力がついた……として、果たして佐々木監督は 『 うん、澤は本当に成長したなぁ 』 と認めるでしょうか?

human_resource_development_method_001

いやいや笑い話ではありません。

意図や悪気あるわけではなく、知らず知らずそんな人材育成になってしまっている状況は、数多くの様々な企業や組織の中に散在しています。

たくさんの企業様のお手伝いをする中で 『 人材育成 』 の問題に眼を凝らすと、例えるなら澤選手に一生懸命野球の練習をさせたまま、

『 なぜ、あんなに素質もあり、がんばっているのに成長しないんだろう? 』

という現象に陥っているような状況に、本当に数多く出会うのです。

ポイントは

自社で果たすべき 『 成果 』

個々にしてほしい具体的 『 行動 』

そのために必要な 『 知識 』『 スキル 』

そして 『 組織として大切にする価値観や考え方 』 

こういったことを明確にしないまま、とにかく 『 成長 』 を求めている点。

個々人がそれぞれの考えで、時に当て外れの努力もしていますから、その努力は空回り。
組織や企業への貢献に、なかなか結びつかない……ということになり『 なぜ…… 』と、周りも本人も当惑してしまう。

しかし、多くの場合、本人は本人なりに一生懸命努力していて、本人が全く努力していないというケースは、ほとんどないものです。

けれど 『 努力が空回り 』 してしまっている。

とても、もったいない状態なのです。

human_resource_development_policy_for_efforts

これらの 『 努力を空回りさせてしまう 』 ことの原因は、先ほどの例で続けるなら、自社や自組織がサッカー選手として育てるのか、野球選手として育てるのか……

『 育成方針が明確化されていない 』

ことによる齟齬がほとんどです。

自社や自組織は、サッカーをやろうとしているのか、野球をやろうとしているのか。
これにあたることをまず明確にし、組織に浸透させ、メンバーとしっかり共有する。

ここがしっかりできているのか、まずは自社や自組織を見渡してみましょう。

例えばサッカーをやることを明確に示したなら、選手は自然に 「 バッティングや守備 」 の練習ではなく、「 パスやドリブル 」 、「 シュート 」 の練習をはじめます。

自社や自組織としての 『 育成方針を明確にし、組織全体で徹底的に共有する 』

人材育成の最初の入り口は、まずここを抜きにしては本質的に前に進められないものです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成・組織活性」前章へ

ページ上部へ戻る