アクトビジョン 人と組織の未来のために

発展する組織と面接・選考

2014.07.04

成功する人材採用‐「集める」視界と「つかむ」視界

Q.

採用募集で応募があっても、面接に現れなかったり辞退されたりと採用が進みません。

今どきの若者は……の想いも過りますが、しっかり面接に繋げている企業も多い。

応募者をしっかりと面接に繋げるためには、どんなポイントがあるのでしょうか?

………………………………………………………………………………………

Q.

求人で多くの応募はあるのですが、面接後、採用したい方の辞退が続き苦戦しています。

採用したい人材が辞退する理由、辞退されない面接選考のポイントを教えてください。

………………………………………………………………………………………

Q.

初めて面接を担当することになり、どんな質問をすれば良いのか、どんな点を見るのか……など試行錯誤の日々です。

面接選考で押さえるポイント、より良い質問の方法、どんな点を見るのか……等、より良い人材を見極められる面接選考のコツのようなものはあるのでしょうか?

………………………………………………………………………………………

A.

より進化した人材採用戦略へ、これまでご案内してきた 「 どう集めるか 」 という視界。

ここを乗り越え、せっかくたくさんの応募者があっても、なかなか面接に繋げられない。

面接に繋げられても、良い人材に辞退されてしまう。

そもそも、入社後、期待通り活躍してくれる良い人材の見極め方は?

……などのご相談も年々増えてきています。

以前ご紹介した、

面接者数 ÷ 応募者数 = 面接率

入社決定者数 ÷ 採用決定者数 = 実採用率

定着者数 ÷ 入社決定者数 = 定着率

などの捉え方をするなら、「 面接率が低い、実採用率が低い、定着率が低い 」 という壁に直面している企業や組織が増えている……ということもできるでしょう。

recruiting_attraction_sample_01

進む少子高齢化社会の中、上記のように未来を担う若者層は年々減少しています。

recruiting_attraction_sample_03

普及が進むWEB環境の中、求人募集や人材採用の様々なプロセスがWEBやインターネットに移行している……という変化も、大きな影響を与えています。

ここで大切なことは、どのような環境の変化にあっても、「 面接率の高い企業や組織 」 、「 実採用率の高い企業や組織 」、「 定着率の高い企業や組織 」 はたくさん存在しているという事実です。

そういった企業や組織は、変化する時代に素早く対応し、応募受付や面接選考のやり方を少しずつ変え続けているのです。

この項では、そういった企業や組織に共通する特徴を含めて、

変化する時代に対応する面接選考とは?

面接率や実採用率、定着率を高める応募受付のコツは?

面接選考で押さえておくべきポイント……。

面接における質問やインタビューの基本……。

より良い人材の見極め方……。

面接者・評価者が注意する誤差や傾向、評価エラーの数々……。

そして、より組織活性に繋がる面接選考とは……。

等をご紹介していきましょう。

せっかく渾身の想いで採用広報力を発揮し、たくさんの求める人物像の応募者を集めても、その 『 受付や面接・選考のやり方 』 を間違えてしまうと、全ての努力は水の泡。

変化する時代の中で大切なポイントとなるのが、「 どう集めるか 」 という視界の先にある 「 応募者の心をどうつかむか 」という視界です。

活性化する組織、発展する組織のための応募受付や面接選考のヒント。

まず次回は、昔懐かしい 「 あるシーン 」 からご案内していきましょう。

←「採用活動実務力を高める」前章へ次章へ「変化する時代の面接・選考」→

ページ上部へ戻る