アクトビジョン 人と組織の未来のために

採用力を高める「B」の要素

2013.04.05

『採用力』の1つめの要素とは……

組織活性化、最高のチーム創りの入り口、募集・採用活動。
その募集・採用活動の成功法則の3つめ、『 採用力 』 を高めるということ。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 のエピソード。

皆様はどうお考えになったでしょうか。

・アルバイトだけれど、ボーナスがあった。
・きっとオフィスの隣がテレビ局か、あの有名なディスコだった。
・勤務時間は不安定だけれど、それ故高級車が社用車として使える。
・面接は交通費支給。それ目当てで六本木に来たいと集まった。
・正社員なみの仕事……知識とスキルへの成長期待感があった。

先日は、藤井さんが珠玉のコピーを書いた……という方もいらっしゃいました。

セミナーでは毎回、様々なお応えを頂け、時折会場が笑いに包まれます。

 
上記は、どれも違っています。

けれど、『 採用力 』 の4つの要素は、実はこの辺りに関係していたりします。

答えをあれこれ探す時間は、皆様に少しずつ 『 採用力 』 という考え方に慣れ親しんで頂く時間でもあります。

 
まず先に種あかしです。

前回、

『 朝から有名アーティストのコンサート予約のように電話が鳴り続き 』

とお伝えしましたが、これが大きなヒントです。

そう、このお客様は、まさしく有名アーティストの事務所だったのです。

まだ新人だった私は、初めての大物芸能人との出会いにドキドキです。

必ず応募はあるだろうという予測は立てていましたが、ここまで凄いものだとは……。

応募効果で、初めて鳥肌が立つ感覚を味わった経験でもありました。

 
このように、社名 ( 若しくは店名や事務所名など ) を出しただけで応募者が集まる事例は、アーティストや芸能人の事務所だけでなく、枚挙にいとまがありません。

この事例の延長線では、当時、東京の原宿で流行っていた芸能人のあのお店。

飲食業界でも、アメリカから上陸し、たちまち話題になったアイスクリームのあのお店や、コーヒー店のイメージを一新したあのお店。

他、やはり憧れのブランド企業様や人気商品を扱うお店はたくさんの応募者を集めますし、就職期に雑誌等で話題になる 「 学生人気ランキング 」 に登場する企業様は、時代の変遷はありますが、中途採用の正社員募集やアルバイト募集でもたくさんの応募者が集います。

こういった事実を更に俯瞰すれば、それは社名や店名だけでなく、大きな時代の流れの中、人材が集まり易い 「 業界 や 事業内容 」 の変遷がある……ことにも気づくでしょう。

重厚長大、高度成長期の人気業界。

多様性の拡大、変化の時代の人気業界。

もちろん時代の変遷に関わらず、同業界で人材を集め続ける企業様もたくさんありますが、「 クルマ・ステレオ から ケータイ・PC 」 「 もしもし から いいね!シェアする! 」 等の若者意識の変化に沿った、昨今のIT業界全体の躍進はその代表です。

 
ここまでご案内するともうお気づきかもしれません。

 採用力 = B × M × W × R

で、「 B 」 の頭文字から始まる1つめの要素。

それは、「 Business & Company – 事業や企業自体が持っている力 」 です。

recruiting_power1_sample_01

詳しくは上図に整理しておきましたが、こういった事業や企業そのものが持っている力は、人材募集においても応募者を集める大きな力になります。

技術革新に伴って、わくわくする未来を予感させる事業。

先述の人気企業ランキングに登場する企業様。

事業内容や企業や店舗の 「 認知やイメージ 」 はどうか。

社長様をはじめ働く方の 「 認知度や人気度や話題性 」 は……。

昨今は時代の流れを反映し、業容や成長性だけでなく 「 社会貢献 」 や 「 革新性 」 、「 信頼性 」 や 「 安心感 」 、「 コミュニティやネットワークの評判 」 、経営層や社員の想いや価値観への 「 共感性 」 、そして理念やビジョンへの共鳴による 「 有意味感 」 なども大きな要素になってきています。

事業を成長発展させ、自社により良い歴史を刻もうとすることが、採用力を高める……。

それは、

成長・発展し、更に社会に貢献しようとする組織には、必要な時に必然ベストな人材が集う

……という摂理のような姿をしていて、まるで 「 採用力 」 の本質を語りかけてくれているかのようです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集・採用の成功法則3」前章へ

2013.04.10

どんな企業・組織にも、人が集まる要素はある

組織活性化、最高のチーム創りの入り口、募集採用活動。
募集・採用の成功法則の3つめ、『 採用力 』 を高めるということ。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回 ご紹介させて頂いた 「 Business & Company – 事業や企業自体が持っている力 」 

セミナー等でこちらのご案内をすると、時折、こういったご質問を戴くことがあります。

「 確かに、企業やお店自体が持っている魅力が高ければ、
  人材を集めやすいし、採用もし易くなる。 

  それは良くわかったのですが、
  私たちの会社は、有名アーティストの事務所でもないし、     
  世界的なブランド企業、人気ランキングに登場する企業でもない。 
    
 『 採用力 』 という考え方を実践したいのだけれど、     
  私たちのような企業では、なかなか実践しにくいのでしょうか? 」

「 Business & Company – 事業や企業が持っている力 」 についてご案内する上で、この点は補足しておかなければならないでしょう。

お伝えしたいことが多々浮かびますので今回を含めて3回に分け、3つの視点からそれぞれ補足しておきましょう。

◊ ◊ ◊

今回、まず1つめにお伝えしたいのは、

どんな企業、どんなお店にも、今ありのままで人を集める要素はある

ということです。

確かに 「 事業や企業自体が持つ力 」 を高めようとするのは、経営全体や企業戦略に関わる領域が多いので、一朝一夕には難しいかもしれません。

けれど、一見してマイナスに見えてしまう要素でも、ある層の応募者にはそれほど気になることではなかったり、自分達には全く魅力だとは思えないような要素でも、ある層の応募者には、とても魅力的に映ることはよくあるものです。

以前ご案内させて戴いた 『 求める人物像の明確化 』

その設定の中身をよく検証すると、企業規模の大小はさほど気にしないポイントだったり、まだ創業まもないという点がとても魅力的だったり、小さな組織ならではのチームワークや親身感に引き寄せられたり……ということがあるわけです。

自分達は 『 求める人物像 』 にどんなふうに見られ、どう映っているのか。

自分達らしさの中にある、自分達ならではの魅力とは……。

「 人材が集まる要素 」 は、今、ありのままの姿の中に必ずあります。

思い込みや主観を外し、視界を広げて、ちょっとだけ俯瞰して検証してみる。

そこまで来たら、お伝えしたい2つめのことへも視界を移しやすくなっていきます。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集・採用の成功法則3」前章へ

2013.04.15

それは繋がっているからこそ……

お伝えしたい2つめのこと。

それは 「 事業や企業自体が持つ力 」 を高めることと 「 採用目標をどう実現するか 」  は繋がっている……ことを踏まえる重要性です。

このWEBサイトを開き、このコラムをお読みの皆様だからこそ、

『 組織の進化・発展を担う身として、 “ 企業力 “ を日々高めようとしている 』

はずではないかと思います。

セミナーなどでは、前々回添付した図 をもう一度映し直しながら、

例えば、

・自社や自店舗に、より良い歴史を刻もうとすること

・自社や自店舗の信頼性、安心感を高めようとすること

・更に認知度を高め、より良いイメージを持って頂こうとすること

・より良い商品、より良いサービスを提供しようとすること

・自ら描く将来構想へ向け、戦略を策定し実現させようとすること

・働く一人ひとりの成長を想い、個々のスキルや知識を高めようとすること

・より良い組織を創ろうとし、組織力を高めようとすること

・働く場をより充実させ、更に活気ある組織にしようとすること

・更にたくさんのお客様を集め、よりいっそう支持され、満足して戴こうと努力すること

などの中で、日々心がけ努力されていることはございませんか……と続けてみます。

の中の要素を一つひとつ挙げていくときりがないかもれませんが、力を入れていること、日々目指し心がけていることは、組織を担う方であれば、必ず1つや2つは持っている……とお応え頂きます。
( 全てに渾身の想い……とお応え頂く方々も多くいらっしゃいます。 )

大切なのは、

そのことと 「 採用すること 」 「 採用目標をどう実現するか 」 は繋がっている

ということです。

せっかく同じことをするなら、ここをしっかり踏まえながら行う……のです。

企業力を高めることは、全ての企業様がいきなり世界に名だたるブランド企業を目指すことではありません。

例えばですが、日々目指している地域で人気の繁盛店……からで良いのです。

そのことと、「 人を採用する力 」 は繋がっている。

今、力を入れていること、日々目指し努力していることを、繋がりを踏まえながらやる。

今までやっていたことに 「 人材採用 」 との繋がりが踏まえられると、一つひとつの動きが、しっかり相乗効果を生み出すようになっていきます。

同じことをしていても、一石二鳥、一石三鳥の成果が視界に入ってもきます。

視界が広がっていくことで、戦略や実行計画や組織の創り方、売上や利益の生み出し方まで変わっていった企業様もいらっしゃいます。

一生懸命アクセルを踏みながら、同時に別の面ではブレーキを踏み続けていた

藤井さんのセミナーで、そこに気づいたのが大きな機会だった……そう仰って戴いたこともありました。

こうなると地域で人気の繁盛に近づいてきたのに、人材が集まらないし採用もできない……そんな現象は起こらなくなり、なんだか全てが好転していくようにさえ感じるそうです。

「 心がけ力を入れていること ・ 日々目指し努力していること 」 と、「 人材採用で悩まなくなること 」とをしっかり繋げ、アクセルとブレーキを同時に踏んでいることはないか見直してみる。

『 採用力 』 という考え方は、こんな視界も提供しています。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集採用の成功法則3」前章へ続きへ「採用力の1つめの要素P2」→

ページ上部へ戻る