アクトビジョン 人と組織の未来のために

採用広報力の3つめの鍵

2013.10.04

会社の魅力と求める人物像-自社を知って採用力UP!

共に働くかけがえの無い仲間と、大切な組織をもっと進化・発展させたい。
そんな熱い想いの皆様にお贈りする連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
成功する募集採用活動。ご案内している 採用広報力を高める5つの鍵

今回は3つめの扉を開ける……『 ポジショニング 』 についてご案内致しましょう。

saiyoukouhou_03

『 ポジショニング 』 は、採用広報の素材ともなる 『 魅力要因 』『 課題要因 』を整理していくステップです。

このステップは、「 自分たちが選ばれる理由 」 を明確にします。

そして、「 自分たちに足りないもの 」 「 これから必要になるもの 」 も明確にします。

2つめの扉 “ 彼を知り…… ” で整理された求める人物像の応募行動。

採用ターゲットは、何に興味・関心があり、どんなことを重視して応募行動をとるのか。

その要素と、自社が保有している要素が重なり合う部分、逆に重ならない部分に、それぞれフォーカスしていくわけです。

saiyoukouhou_06

上記は、このステップのための基本的な視界です。

なんだかレストランのメニューのような言葉が並びますが、保有している素材によって提供できるメニューは異なる点、お客様によって何を重視してメニューを選ぶか異なる点など、採用広報とも大いに共通するキーワードです。

お客様の好みや苦手、今どんなものが食べたいのかを尋ねるレストランは、持っている素材から満足度の高いメニューを提供します。

人が集まるところには、なんだか共通する特徴が備わっているようです。

 
右上のMain Dishには、ターゲット層が重視する要素で、なおかつ自社が保有している要素が並びます。

ここに整理される要素は、いわば採用広報のメインディッシュ。

自社の 『 魅力要因 』 の柱になってゆく要素です。

右下のSide Dishには、自社が保有しているものの、ターゲット層に重視されていない要素が並びます。

ここは、いわば採用広報の隠し味。

広告表現や広報手法の工夫で、『 魅力要因 』 として思いがけない展開に繋がることもある要素です。

左上のTomorrow’s Menuは、ターゲット層が重視しているけれど、自社には備わっていない要素が並びます。

この要素は、いわば明日の楽しみ。

将来的に何を開発し、何を保有するのかの大きなヒントとなり、自社や自組織のわくわくする未来へ繋がっている要素です。

広告表現や広報手法では、特にターゲット層が最優先とする要素に対しMain DishSide Dishで工夫して補完するケースもあります。

最後に左下のNot to Eat

ここは、素材もなければ、誰も食べたくないものです。

お笑い番組等の罰ゲームでは手間暇かけて用意されたりも致しますが、採用広報においては、わざわざフォーカスする必要はないでしょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用広報2つめの鍵」前章へ

2013.10.10

魅力要因が見えてくる10の窓を開け放つ

募集採用活動を担う皆様をはじめ、人と組織のわくわくする未来を想う全ての皆様に贈る「 採用力 」 を高めるためのヒント集!!

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
会社の魅力要因を探るための 前回 のご案内。

求人広告や媒体出稿などのケースでは、広告代理店やプロダクションが、ヒアリングをし、それを基に企画提案をするケースが多いかもしれません。

ターゲット動向や採用環境を知り尽くし、仮説を基にヒアリング。

的確な企画提案は、専門のプロ組織ならではの仕事です。

 
一方で、この要素は面接選考や会社説明のステップでも活用する重要な要素でもあります。

人材採用を担う立場の方々は、是非とも 『 自ら 』 押さえておきたいところでしょう。

saiyoukouhou_07

上記は、では魅力要因はどんな視点から抽出されるのか……の一例です。

いわば、魅力要因が見えてくる10個の窓

この窓を大きく開け放ち、それぞれを改めて眺めてみると様々なことが判ってきます。

もちろん採用ターゲットによって重視する点は異なりますが、それぞれの要素は、この窓の向こう側に広がっていることが多いのです。

………………………………………………………………………………………

●企業 – 企業概要、歴史、将来性、成長性、安定性、ブランド性、信頼性、等

●事業 – 事業の優位性、先進性、独自性、シェア、業界内ポジション、等

●経営 -  マネジメント層の魅力、ビジョン、社員への想い、現場感覚、等

●顧客 – 顧客基盤、開拓力・創造力と保有力、顧客満足、顧客支持、等

●ノウハウ・ナレッジ – 業務プロセス、保有ノウハウの優位性、人材輩出力、等

●仕事 – 仕事自体の魅力・醍醐味、社会的貢献、成長土壌、職域の拡大、等

●職場環境 – 立地、外観、執務環境、快適性、機器設備の充実、人間環境、等

風土・文化 – 開放性、結束感、相互信頼、啓発性、遂行性、変革姿勢、等

●待遇・制度 – 給与、勤務条件、制度、能力開発支援、定着率、雇用維持、等

●生活 -  ライフスタイル適合、家族の理解共感、ワークライフバランス、等

………………………………………………………………………………………

ここに付け加えるとすれば、例えば幹部候補採用などの場合は、

●ミッション – 役割・ポジション・裁量範囲・活用資源の醍醐味、貢献性、必要感

などが入ったりもします。

身近な例では、夏休みだけ働きたい学生さんの、

●期間 – 短期で稼げる、期間を限定しても採用され働ける

という要因を考慮することもあります。

このように、設定した採用ターゲットによって、窓を増やしたり、別の角度から眺めたり、特に注意深く覗き込む窓を変えていったり……することは、とても大切なことです。

窓を覗き込み、これらの要素を抽出したなら、更に整理し 『 採用USP 』 を明確にしたり、心に残りやすいキーワード化を進めたり、それを良く表している具体的なシーンや物語を紐づけたりしていきます。

これらについては次回以降、順にご案内していきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用広報2つめの鍵」前章へ

2013.10.15

採用広報力を押し上げる『採用USP』

組織活性化、最高のチーム創りの入り口である人材採用。
募集採用活動を担う皆様をはじめ、人と組織の活性化を担う皆様に贈るヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内している 『 採用広報力 』 の 全体フロー 

3つめのステップで、よくご質問を頂くのが 『 採用USP 』 についてです。

このご説明には、ちょっとだけ広告業界の考え方もご案内させて戴きましょう。
 
 
『 USP 』 とは

『 Unique Selling Proposition (ユニーク セリング プロポジション) 』

の略で、簡単に言えば “ 商品や店舗の独自の強み ” のことです。

“ お客様が自社の商品を買う独特の理由 ”

“ お客様に選ばれる自社・自店ならではの理由 ”

と考えても良いでしょう。

代表的な例では、“ お口で溶けて手で溶けない ” あのチョコレートや、“ 吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機 ” のあの電気機器メーカー。

“ 熱々の手作りピザ を 30分以内にお届け!! ” のあのピザチェーンや “ 地球上で最大級の品揃え ” のあの通販WEBサイトは、皆様にも身近な存在かもしれません。

最近目にしたもので思わず唸ってしまったのは、排気が空気清浄機なみにクリーンで、吸引音がとても静かな掃除機のUSPでしょうか。

その掃除機の横には、“ 赤ちゃんが寝ていても、安心してお掃除!!  ” 。

これはお母さんたちはたまりません。ターゲットも明確なUSP で、私も舌を巻きました。

『 USP 』 を明確にすることで、なかなか売れなかったものが劇的に売れた。

『 USP 』 を明確にすることで、ブランド力を高めることができた。

『 USP 』 を明確にすることで、田舎町の小さなお店が世界的大企業になった……。

マーケティングや広告の世界では、そんな沢山の伝説や事例とともに、広く活用されている考え方のひとつです。

 
この 『 USP 』 を、募集・採用活動に応用したものが 『 採用USP 』 です。

募集・採用活動での “ 自社や自店舗の独特の強み ” 

採用ターゲットとなる応募者が “ 自社、自店舗を選ぶ理由 ”

……というわけです。

 ユニークとは、他に類を見ない、独自の。

セリングは、売りになる。

プロポジションは、提案、主張……という意味ですが、言葉の成り立ちでは、結婚を申し込む時の “ プロポーズ (Propose) ” の親戚でもあります。

これは、人材募集や採用活動の中で味わう “ 独特のあの想い ” とも相通じていて、『 採用USP  』 という言葉に、どこか奥深さや親近感を感じさせてもくれます。

『 採用広報 』 の2つめのステップでは、この 『 採用USP  』 を明確にする ことが、とても有効です。

以前ご案内の 『 採用力 』 を構成する  事業力・企業力仕事内容・仕事環境待遇・処遇・制度

これらのひとつひとつに着手することで高まった 『 採用力 』 を、実際の採用広報活動の中で結果・成果に結びつける大きな架け橋。

それが、この 『 採用USP 』 でもあるのです。

『 USP  』 を明確にすると、ブランド力や企業規模や売上が向上する。

同様に、 『 採用USP 』 を明確にすると、募集効果や採用活動の成果が向上します。

皆様の組織やお店の 『 採用USP  』 。

ぜひ明確にし、活用してみては如何でしょうか。

アクトナビは、独自の手法で各企業様の 『 採用USP  』を明確にし、採用活動へ120%活用するお手伝いもしています。

☞お問い合わせは こちら

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用広報2つめの鍵」前章へ・次章へ「採用広報4つめの鍵」→

ページ上部へ戻る