アクトビジョン 人と組織の未来のために

採用広報力の1つめの鍵

2013.09.10

採用広報力を高める1つめの鍵

活性化する組織、進化発展する企業創りの入り口……人材採用。

募集採用活動や人事を担う皆様をはじめ、人と組織のわくわくする未来を想う全ての皆様にお送りする、採用力を高めるための連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内している 採用広報力を高める5つの鍵

今回は、1つめの鍵についてご案内致しましょう。

saiyoukouhou_01

1つめのステップは、

『 採用目的の明確化 』『 採用目標の設定 』『 求める人物像の明確化 』

の部分です。

ここで登場するキーワードは、これまでのコラムをお読み頂いている皆様には、少し耳慣れた言葉かもしれません。

これまで、採用活動全体の重要な入り口……としてご紹介してきたこれらのポイントは、 『 採用広報 』 の源流としても重要な役割を果たします。

 
採用目的の明確化は、なぜ、何のために、どんなことを期待して……の再確認です。

目的を整理することで、この後のステップへのエネルギーが高まり、採用広報はより力強いものになっていきます。

採用目標は、どんな人を、いつまでに、何人などを骨組みとした、募集採用活動のゴールを設定するプロセスです。

目的を整理してエネルギーを高めたら、目標を定め、より具体的にイメージする。

ここでは、募集要項や予算、採用完了後の導入や戦力化のスケジュールなども整理しておくと良いでしょう。

求める人物像の設定は、これから採用する方の人材要件を明確にするプロセスです。

これから採用する方に何を求め、それによって何を成し遂げたいのか。

これから採用しようとしている方は、どんな方であって欲しいのか。

ここは、ともすると年齢や性別など属性経験やスキルなど能力の領域ばかりを整理してしまいがちですが、志向・価値観、態度・姿勢、地頭・エネルギーなど人物マインドの領域についても視界を広げることが大切です。

それぞれについては、以前のコラム

・『 採用目的 』 → 募集活動前の4つのポイント

・『 採用目標 』 → 採用目標を設定する

・『 求める人物像 』 → 求める人物像の明確化

で、詳しくご案内していますので、関心のある項については再度ご確認頂ければ幸いです。

次回は2つめの扉を開ける鍵をご案内していきましょう。

←「採用広報力を高める5つの鍵」前章へ・次章へ「採用広報力の2つめの鍵」→

ページ上部へ戻る