アクトビジョン 人と組織の未来のために

集まる求人-応募方法の工夫

2016.04.11

アルバイト・パート募集㉖集まる募集-履歴書不要

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第2回。

まずはアルバイト・パート募集ならではの、応募方法の工夫からご案内致しましょう。

面接時、履歴書は不要です!-図

□面接時、履歴書は不要です!

ひと昔前までは考えられなかったかもしれませんが、アルバイト・パート募集で最近急速に増えているのが「 履歴書不要! 」の記載です。

実際に活用して頂いている多くの企業様で、

「 応募者数が確かに増えた! 」
「 面接率まで上がりました‼ 」

と、応募者数の増加だけでなく、面接率の向上にも繋がっています。

 履歴書を用意するのは意外に大きな負担-図

少し視界を広げてみると、求人募集に応募するプロセスの中、履歴書を用意するのは意外に大きな負担です。

履歴書用紙の購入、履歴書用の写真撮影など、履歴書を準備する費用も必要になりますし、記入にも相応の時間や緊張を伴います。

そもそも履歴書を書き慣れている応募者はいませんし、社会経験の少ない層をターゲットとするアルバイト・パート募集では、なおさらでしょう。

特に、初めてアルバイト・パートを探す学生さんやフリーターさんなどは

「 履歴書ってどう書けば良いんだろう…… 」
「 履歴書に書くほどの経験や資格がないけど、大丈夫かな…… 」

と戸惑っている間に、せっかく芽生えた応募意欲が低下してしまうこともありえます。

履歴書持参の面接に臨むには、この負担を乗り越える強い動機やエネルギーの持続が必要。

履歴書持参を記載する求人募集は、自社や自店に興味を持った応募者に、自ら高い敷居やハードルを課していることにもなるのです。

 属性別-有効求人倍率推移グラフ-年々上昇

上図のように、アルバイト・パートさんの採用環境はますます厳しくなっています。

履歴書持参を記載するメリットは、自社への意欲やエネルギーが持続している応募者だけを面接・選考でき、履歴書の内容や書き方等によって面接選考の基礎判断ができる等ですが、このメリットが優先されていた採用環境は2011年くらいまででしょうか。

最近は採用環境の急激な変化に対応し、面接場面でのファン化力や同志化力を高める一方、求人広告は応募行動への敷居やハードルを低くすることで、応募者確保を優先する採用戦略が圧倒的多数を占めるようになっています。

 履歴書と同じ役割を果たす「ご応募シート」-フォーム1

※こちらをクリックすると別画面で拡大します

上記は履歴書不要の募集で活躍している、面接前に記入頂くシートフォームの一例です。

「 履歴書が無い状況で、どう面接・選考をすれば良いのですか? 」

というご質問を頂くことがありますが、こういったシートを用意しておき、面接の前に少し時間をとって記入して頂ければ、履歴書と同じ役割を果たしてくれます。

 履歴書と同じ役割を果たす「ご応募シート」-フォーム2

※こちらをクリックすると別画面で拡大します

更に選考力を高めたい場合や採用レベルを高めたい場合などは、上図や下図のように応用も可能で、こちらのフォームは、履歴書以上の機能を発揮します。

 履歴書と同じ役割を果たす「ご応募シート」-フォーム3

※こちらをクリックすると別画面で拡大します

人事管理上どうしても履歴書が必要な場合は、後程ご案内する自社や自店への「 同志化 」やエンゲージメントを進めた上で……入社後に改めて提出してもらえば良いでしょう。

次回は、更にスタンダードになっているWeb応募についてご案内致しましょう。

←「集まる求人募集-最近の傾向」前章へ・次章へ「集まる求人-面接場面の工夫」→

2016.04.15

アルバイト・パート募集㉗集まる募集-Web応募

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第3回。

今回はWeb応募についてご案内致しましょう。

 弊社ホームページ「http://〇〇.jp/recruit/」でも応募受付中!など-図

□弊社ホームページ「http://〇〇.jp/recruit/」でも応募受付中!
 ( 24時間いつでもご応募OK! )
□ケータイ・スマホ・PCでの応募はこちら
→ http://〇〇.jp/recruit/ ( 24時間受付! )
□メール応募受付中! 
メールはこちら…「ap@〇〇.com」
□採用キャンペーン期間に付き、空メール応募も受付中!
  メールはこちら…「ap@〇〇.jp」

前回ご紹介の「 履歴書不要!」以上にスタンダードになってきているのが、上記のようなWeb応募フォームからの応募受付手法です。

PCはもちろん、スマホやタブレットなどから365日、24時間応募が可能

「 応募先の担当者が忙しい時間帯は…… 」

「 ○時くらいに電話したいけど、大丈夫かな…… 」

などの時間的な心理ハードルを取り払うこともでき、応募者層によっては電話での応募より敷居も低く感じる応募受付方法です。

Web応募_応募受付フォーム例1

上記はWeb応募フォームの一例です。

ここで大切なのは、アルバイト・パートさん募集の場合、記入必須項目は最小限に設定し、応募への敷居を更に低くしておくことです。

Web応募フォームの必須項目が多すぎると、その項目数に比例して記入に時間がかかり、せっかくのWeb応募の長所を損なうことになってしまい本末転倒。

最近はスマホなどを通し、学生さんなら通学途中の電車の中授業の合間の休み時間など、主婦層なら家事の合間の短い時間でWeb検索する求職者も増加しています。

応募増を優先したいなら、Web応募フォームは、あくまで自社や自店に興味がある人材との最初の接点と捉え、必須項目は氏名、連絡先の2つで充分。

他は任意にし、より短い時間で応募完了できる設定にするのが応募数を増やすコツです。

バイトルやan、タウンワークモバイルやDOMO Netなどの既存のWeb求人サイトを利用する場合も考え方は同じ。

それぞれメディアによって設定できる範囲は異なりますが、応募者数増を優先したいなら、より短い時間で応募完了できる設定にしておきましょう。

ここでは、これらを更に徹底した、下記のようなフォームもご紹介しておきます。

Web応募_応募受付フォーム例2

次回は、「友達同士の応募も歓迎」表記についてご案内致します。

←「集まる求人募集-最近の傾向」前章へ・次章へ「集まる求人-面接場面の工夫」→

2016.04.20

アルバイト・パート募集㉘集まる募集-友達同士歓迎

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第4回。

今回は友達同士での応募も歓迎!についてご案内致しましょう。

友達同士の応募も大歓迎!-図

□お友達同士での応募も大歓迎!

こちらも一昔前は考えられなかったもしれませんが、ここ数年急速に増えている記載です。

特に、学生アルバイト層をメインターゲットとする募集、新拠点のオープニングなどで相応人数の採用目標に理合性がある場合などで、効果的な記載事項となっています。

20歳人口推移グラフ-厚生労働省人口動態統計・総務省人口推計より弊社作成

少子化に伴い、例えば成人式を迎える20歳人口は1993年を最後のピークに、この二十数年で約90万人減少しています。

学生アルバイトさんのメインターゲット年齢でもある18歳~22歳人口も、以下のような推移で20年前の約半数近くまで減少

今や学生アルバイトさんの募集採用は、金の卵採用どころかレアメタル採用とまで呼ばれ、アルバイト・パート募集の採用ターゲットとしては、最も激しい競合が続いています。

18歳から22歳人口推移グラフ-厚生労働省人口動態統計・総務省人口推計より弊社作成

応募数が増える理由は明白で、応募者一人の興味・関心や応募意欲が友人・知人に広がって、2倍、3倍と複数の応募に増幅されるから。

メールやLINEの浸透で情報共有のスピードと範囲が劇的に進化している昨今、自社の募集に興味を持った一人が情報伝達を何倍にも増幅してくれる時代……というわけです。

一方、記載にあたり注意したいのは現場マネジメントや職場の雰囲気などに課題がある場合です。

採用後に、一人の「 離職動機 」が同様に増幅される可能性もあるので、記載にあたっては、導入手法や定着施策、健全な職場創りも事前に推進しておくことをお勧めしています。

友達と一緒に応募する人材は、しっかりした戦力にならないか?-図

ここで、

「 友達と一緒に応募する人材は、しっかりした戦力にならないイメージがありますが? 」

というご質問を頂くことがありますが、こういったイメージは、概ね杞憂であることの方が多いことも付け加えておきましょう。

「 お友達同士の応募も大歓迎!」と記載することで、興味をもった応募者のコミュニティに情報は共有されますが、実際はひとり一人、個別に応募行動をとるケースの方が多く、採用後に初めて

「 あれ、二人は友達だったの? 」

と気づくケースの方が圧倒的です。

更に、後程ご案内する友達同士の面接も可など更に踏み込んだ場合でも、求める人物要件を満たしている応募者の割合は単独で面接する場合と実はほとんど変わりません

上記のように感じられるケースは、面接・選考する側が表面的な形だけ手法を取り入れ

「 友達同士で面接にきた応募者…… 」

と、初めから応募者を色眼鏡で見て面接することが原因……であることも多いのです。

初めから応募者を色眼鏡で見て面接すると…図

「 先入観だけで判断してしまうと、スーザン・ボイルさんには出会えない…… 」

最初の印象が面接選考に与える影響については以前、面接力と「鳥の目・虫の目」の項でもご案内させて頂きました。

「 友達同士で面接にきた応募者…… 」

と、初めから応募者を色眼鏡で見ると、面接自体が荒くなったりファン化機能やi-PS機能が発揮されない面接になったりし、貴重な応募者を失望させてしまうことが原因になるケースもあります。

まだ面接に不慣れな方が「 友達同士での応募も大歓迎!」の工夫を取り入れる場合は、このあたりに気を付けることも大切なポイントになるでしょう。

←「集まる求人募集-最近の傾向」前章へ・次章へ「集まる求人-面接場面の工夫」→

ページ上部へ戻る