アクトビジョン 人と組織の未来のために

アルバイト・パート活用の土台

2015.07.25

アルバイト・パート活用の「そもそも」

企業経営や店舗運営を担う皆様をはじめ、人と組織の成長・発展を想う……。
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂き誠にありがとうございます。

 
ご案内している 『 アルバイト・パート活性化 』 。

この項では、前出 の 「 集める!つかむ!育てる!活かす! 」 の4つのステップを支える、アルバイト・パート活用の 「 そもそも 」 の部分を押さえておきましょう。

 
この題材をセミナーや研修等でご案内する際は、まず身近なアルバイト・パートさんの中で「 優秀な方 」「 頼りになる方 」 を何名か想い浮かべて頂いています。

いわば期待する以上に頑張ってくれている、意欲の高いアルバイト・パートさん達ですが、ぜひ皆様も想い浮かべてみてください。

そういったアルバイト・パートさんとの日々の会話や働きぶりを思い浮かべて頂きながら、例えばこんな質問をさせて戴くのですが、皆様はどんなお応えが浮かぶでしょうか?

viewpoint_of_the_base

※こちらをクリックすると拡大します

その方々は、当初どんな動機で、アルバイト・パートを探したのでしょう?

その方々は、何を理由に自社のアルバイト・パート募集に応募したのでしょう?

その方々は、どんな動機から期待以上に頑張り、どんな理由から意欲が高いのでしょう?

その方々が、自社で働き続ける拠りどころは、何でしょう?

その方々が学生なら、どんなスケジュールで学業とアルバイトを両立していますか?

その方々が主婦なら、どんなスケジュールで家事や子育てと両立していますか?

その方々がフリーターなら、何を目指し、どんな目標を持っていますか?

……如何でしょう?

質問によっては、普段あまり深く意識していないこともあるかもしれません。

けれど、こういった側面をしっかり押さえておくことは、アルバイト・パートさんの活性化に向かう上で、とても大切なポイントのひとつになります。

なぜ自社のアルバイト・パート募集に応募したのか?

どんな動機を持ち、モチベーションの源泉はどこにあるのか?

( 他社や他店ではなく ) 自社や自店舗で頑張る理由は何なのか?

それぞれ何を目指し、どんなことと両立しながら働いてくれているのか?

アルバイト・パート活用は、まずこういったことを理解していることが土台。

正社員ではそぐわない視界もありますが、その違いこそが大きな意味を持っています。

アルバイト・パートさんたちが集まり、定着し、やる気になり、活躍してくれるポイントは、正社員とは異なります。

正社員とは異なる、アルバイト・パートさんたちの背景を理解する。

アルバイト・パートさんが採用できない、定着しない、育たない、やる気になってくれない等のお悩みの根本は、ここを踏まえずにとにかく頑張ってもらおうとする……ところにあることが多いのです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「活性スパイラルに舵を切る前章へ次章へアルバイト・パート採用の現状」→

2015.08.05

働く動機・頑張る拠りどころをつかむ

前回ご案内の、アルバイト・パートさんたちが働く動機や、頑張ってくれる理由。

皆様は、どのようなお応えが浮かんだでしょうか。

厚生労働省が数年ごとに実施している 「 パートタイム労働者総合実態調査 」 によると、パートを選んだ理由は前回、最新の調査とも 「 都合の良い時間(日)に働きたいから 」 が第1位となっていました 。

第2位は同様に 「 勤務時間・日数が短いから 」

学生は学業との両立を前提としますし、主婦は家事や子育てとの両立が前提です。

アルバイト・パートを探す際に重視する 「 家や学校などから勤務地までの距離が近い 」 「 通勤が便利 」 なども、ここに起因するものでしょう。

その他、多くの企業様での面接や研修等で実施したアンケートからは、アルバイト・パートを始めたきっかけや働き始めた動機について、

「 学費や子供の教育費のため 」「 生活費を補うため 」

「 社会との繋がり 」「 やりがいのある仕事をしたい 」

「 子育てがひと区切りついたので 」「 学校の夏休みや冬休みを活かして 」

「 友人等との新しい出会いを求めて 」

などが多くのお応えとして挙がっています。

また、たくさんの求人募集から現在の仕事を選ぶ際に重視した点については、

「 勤務する時間・曜日が合う 」 「 通勤が便利 」

という先程触れた点を筆頭に、

「 時給が高い 」 「 交通費や食事補助、従業員割引など待遇・制度の充実 」

「 やりがいのある仕事 」 「 興味のある仕事 」 「 自分でもできそうな仕事 」

「 職場や働いている人たちの雰囲気 」 「 同年代が多い 」

「 オープニングだったので皆一緒にスタートできる 」

「 興味・関心を持っていた業界だった 」 「 憧れの業界だった 」

「 知識やスキルが身に付きそう 」 「 成長できそう 」

などが数多く挙がっていました。

◊ ◊ ◊

ここで大切なのが、では、皆様のもとで働いてくれているアルバイト・パートさんたちは、どうか……ということです。

上記はアンケートを通した多くの声ではありますが、別の誰かの動機や理由。

働く動機や、働き続けたくなるスイッチは、ひとり一人異なります。

アルバイト・パートさんが3名なら三者三様、10名なら十人十色、100名なら百人百様。

ひとり一人と丁寧に向き合い、その背景を理解することが、アルバイト・パート活用の強い支えとなります。

前回ご案内の質問の視点……ひとり一人を思い浮かべ、曖昧なのであれば今からでも、ぜひ理解しておくことをお勧めします。

何かと両立しながら働くことの多いアルバイト・パートさんが活性化するためには、

「 働いてくれる一人一人を理解してから、企業やお店のことを理解してもらう 」

という順序は、とても大切なメソッドです。

◊ ◊ ◊

最後に、最近の傾向で、「 ブラック企業 」 や 「 ブラックバイト 」 という言葉が一般的になる中、「 安心して働ける・安心感がある 」 という声が高まっていることも付け加えておきましょう。

昨年、新聞などで大きく報道されたアルバイト・パートの採用や定着に端を発するニュースに留まらず、少し知名度のある企業なら、ネットに社名や店名を打ち込むだけですぐに世評が確認できる時代です。

アルバイト・パートの方々に取材をさせて戴くと、応募の前に携帯やPCで検索し、安心度を確認する……という傾向は年々高まってきています。

アルバイト・パートさんひとり一人を理解し、安心して働ける仕事環境を磨く。

安心して働ける環境だからこそ、定着し、成長し、活躍してくれるのです。

それは、前項でご紹介した、大切にするからこそ、定着し、成長し、活躍してくれるという活性スパイラルの本質……に繋がっています。

時代の変化は、これからのアルバイト・パート活用の方向性を、様々なサインを通し明確に示しているようです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「活性スパイラルに舵を切る前章へ次章へアルバイト・パート採用の現状」→

2015.08.10

アルバイト・パート活用-企業側からの「そもそも」

企業経営や店舗運営を担う皆様をはじめ、アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を応援する組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂き誠にありがとうございます。

 
ご案内しているアルバイト・パート活性化の土台創り。

前回迄は、頑張ってくれているアルバイト・パートさんの視界からのアプローチでしたが、もう一方で薄れがちなのが「 企業やお店側の視界 」 からの 「 そもそも 」 です。

 
こちらの視界をセミナーや研修等でご案内する際は、

・アルバイト・パートさんを募集しようと思い立った機会や場面

・採用募集での苦労や工夫

・印象に残る面接や合否連絡のやりとり

など、「 募集を決断してから採用まで 」の様々な出来事を思い浮かべて頂いています。

印象的なシーン。深く心に刻まれている場面……。

嬉しかったエピソード。腹が立った状況……。

感謝したこと。反省した事態……。

達成感や充実感を感じさせてくれた物語……。

そういった採用活動の苦労や、応募者との様々なシーンや物語を思い浮かべて頂きながら、例えばこんなご質問をさせて戴くのですが、皆様はどんなお応えが浮かぶでしょうか?

皆様は、なぜアルバイト・パートさんを募集・採用するのでしょう?

アルバイト・パートという形態で雇用しているのは、なぜなのでしょう?

その仕事は、なぜアルバイト・パートさんが担っているのでしょう?

……。

こちらも忙しい日々の業務の中、普段あまり深く意識していないテーマかもしれません。

「 この業務は昔からアルバイトという形で募集しているので…… 」

といったお応えを戴くこともありますが、例えば、

もし自社がアルバイト・パートさんを全く雇用していなかったら……どんな課題が発生し、どんな対応が考えられますか?

もし、今、自社や自店舗の全てのアルバイト・パートさんがいないとしたら、自社や自店はどうしているでしょうか?

という視界まで広げてみると、如何でしょう。

自社や自店舗とアルバイト・パートさんの関係性、自社や自店でアルバイト・パートさんが担っている役割などが、より深く鮮明に見えてきます……。

◊ ◊ ◊

前回までのご案内が 「 アルバイト・パートさんを理解する 」 ところからの土台創りなら、今回のご案内は 「 自社や自店舗をより深く理解する 」 ところからの土台創りです。

売上、利益、顧客数、購買単価……など様々なトピックで多忙な日々の中、薄れがちになる「 そもそも 」 に立ち戻るところにこそ、アルバイト・パートさんが集い、定着し、育ち、活き活きと活躍してくれる組織創りの鍵が隠れています。

自社や自店舗がアルバイト・パートさんを募集している理由。

自社や自店舗にとって、アルバイト・パートさんとはどのような存在なのか。

ある企業様は、この視界を突き詰めていくと、「 自社のミッション 」 「 自社の提供価値 」 「 戦略設計や組織設計 」 など、自社の土台と繋がる領域に行きつく……と仰いました。

また別の企業様は 「 どんな会社にしたいのか 」 「 どんな組織でありたいのか 」 という、ビジョンや目指す組織の形が、ふと頭をよぎった……と仰いました。

シンプルだけれど、様々なことを思い起こさせる 「 そもそも 」 へのアプローチ。

アルバイト・パートさんが活性化している組織の土台は、自社や自店の土台に繋がる領域と極めて近いところにありそうです。

←「活性スパイラルに舵を切る前章へ続きへアルバイト・パート活用の土台P2」→

ページ上部へ戻る