アクトビジョン 人と組織の未来のために

集まる求人-半歩先の経営

2015.05.29

アルバイト・パートさんの超活性化へ向けて

Q.

学生さんの卒業の季節が近づき、多くのアルバイト・パートさんが退職する中、
募集をしても応募が少なかったり、やっとの応募者も面接に現れなかったりと、
採用活動がなかなか上手くいきません。

求人募集や面接選考など、アルバイト・パートさんの採用活動のポイントや、
コツのようなものはあるのでしょうか?

………………………………………………………………………………………

Q.

業種柄、店舗に占めるアルバイト・パートの比率が年々高まっていますが、
採用してもすぐ辞めてしまう、なかなか戦力化できないなど苦戦が続きます。

アルバイト・パート活用、定着や育成、戦力化のコツを教えてください。

………………………………………………………………………………………

Q.

最近ではアルバイト・パート層にも人事制度を導入し、
責任ある仕事を任せたり、正社員への途を整えたりする企業が増えている
と聞きます。

弊社でもアルバイト・パートの育成や活用は重要な課題で、
アルバイト・パート独自の人事制度を考えているのですが……。 

………………………………………………………………………………………
 
お客様にお話を伺っていると、このようなご質問を頂くことがよくあります。

同じお悩みの方も多いのではないでしょうか。

サービス業や飲食業界、流通業界等、アルバイト・パートさんの比率が高い業界にとって、その採用や定着、育成や戦力化は企業力を左右する重要な課題です。

アルバイト・パートさんの比率が高い職場やお店でも、「 良いお店 」 や 「 良い職場 」 には、必ず優秀なアルバイト・パートさんたちがいるもの。

そして、更に 「 より良いお店 」 「 より良い職場 」 では、その優秀なアルバイト・パートさんたちが、『 楽しそうに 』 『 活き活きと 』 『 高いチームワークで 』 『 お客様に喜ばれることにやりがいを感じ 』 ながら働いています。

そんなお店や職場に共通する 『 ポイント 』 や 『 コツ 』 は何でしょう?

優秀なアルバイト・パートさんたちを集め、採用し、育成し、戦力になってもらうにはどうしたら良いのでしょう?

採用や面接のコツに続いては 『 アルバイト・パートさんの超活性化 』 をテーマに取り上げることとしました。

以下、大きく 『 集める!! 』 『 つかむ!! 』 『 育てる!! 』 『 活かす!! 』 という4つの側面に分け、順にご案内していきます。

1.組織活性化10のポイント
選手が数年ごとに入れ替わっても、甲子園に出場し続ける高校野球チームから学ぶこと

2.活性スパイラルに舵を切る!
「活性化している組織」と「不活性な組織」の違いとは?活性化への「5つのション」

3.アルバイト・パート活用の土台
アルバイト・パートさん比率の高い組織を支える強い土台の秘訣とは?

4.アルバイト・パート採用の現状
減少する求職者人口、増加する求人件数、上昇する有効求人倍率などから見えてくること

5.採用環境の変化に対応する
かつて誰も経験したことのない採用環境の時代。この変化に対応するには?

6.変化する時代のアルバイト・パート募集のコツ
今や媒体選択の工夫だけでは採用できない時代。新たなグランドでサインと完成形の描き方

7.アルバイト・パートさんが集まる理由
求人募集の成果を何倍にもする『 集まる理由・魅力要因 』の見つけ方、集め方、活かし方

8.求人募集を活かす「たった1つのコツ」
変化する時代。〇〇を整えなければ、様々な求人募集は活かされない!〇〇の整え方とは?

9.集まる求人募集-最近の傾向
とはいえ今すぐ応募者を増やしたい!「 今すぐできる応募者を増やすポイント 」とは?

10.面接率と定着率を高める『 応募受付 』のコツ
素敵な物語はいつもありがとうからはじまる、応募受付の3つのSと2つのM

11.定着率と育成力を高める『 面接・選考 』のポイント
今どきの面接はWでCMを意識する、定着率と育成力を高める面接時のi-PS

12.定着率を高め、成長を加速させる『 導入 』のコツ
『 オリエンテーション 』と『 導入 』で定着率は〇倍変わる

13.一人前に『 育成 』する5つの鍵
何をがんばる?どう頑張る?育成する5つの領域

14.組織やお店のワクワクする未来へ―アルバイト・パートさん活性化
人は明るい未来が鮮明になると頑張れる、人は素敵な仲間と一緒なら頑張れる

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「面接選考のヒント前項へ次章へ組織活性化10のポイント」→

2015.06.05

「名店長」が知る「高校野球の名監督」の想い?!

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読戴きありがとうございます。

ご案内しているアルバイト・パート育成、アルバイト・パート活用のコツ。

いきなりですが 「 高校野球の名監督 」 の登場です。

アルバイト・パート比率の高いお店の店長高校野球の監督

えっ、どんな共通点が?

そう想われる方もいらっしゃるかもしれません。

super_activity_passion_0
アルバイト・パートさんの比率が高い企業様や店長様にお話を伺っていると、

「 いろいろ手間暇かけ想いを込めて、たくさんのことを教えたとしても、
   結局学生さんは2~3年で辞めてしまう…… 」

と、アルバイト・パートさんの育成に、消極的になっている方に時折出会います。

その人材にかける労力の割に、結局組織として何も蓄積されていかない……。
せっかく創った組織やチームも数年で変わってしまう……と仰るのです。

そんな時、私はまず 「 高校野球の名監督 」 を話題にし、続けてこんな話をさせて戴くことがあります。

高校野球の選手達も、同じように2~3年間で卒業し、毎年毎年入れ替わっていきます。

けれど、

甲子園の常連になるチームは 『 選手 = 人 』  が入れ替わってもチーム力は高いまま。

毎年 『 選手 = 人 』 が入れ替わっても、ほぼ毎回のように甲子園に出場している高校まであるでしょう。

そういったチームの監督さんは……とお伝えした瞬間、多くの方は、はっと何かに気づいたような表情を浮かべられます。

そこには選手が毎年入れ替わっても決して消極的にならず、

組織が変わり続ける中で真摯にチームを磨き続ける

……まさに名監督さんがいらっしゃるのです。

名監督さんは、毎年選手が入れ替わっても、毎年強いチームを作り続ける!! という強い想いを持ち、そのコツを知っていて、延々と実践し続けています。

選手が入れ替わり続けても、毎年甲子園に導いている高校野球の名監督。

その方々が 「 常に勝ち続けられるチーム 」 を創り続ける “ 想いとコツ ” 。

それをアルバイト・パート比率が高いお店の店長様も応用しましょう!というわけです。

人が入れ替わることを嘆くのではなく、入れ替わっても入れ替わっても変わらない想いで 「 組織を磨き続ける 」

この意味では、沢山のアルバイト・パートさんを採用しながら、常にお店を活性化し続ける店長様は、高校野球の名監督に通じるものがあると言えるでしょう。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート採用・活用前章へ次章へ活性スパイラルに舵を切る」→

2015.06.10

選手が毎年入れ代っても勝ち続けるチームは……

成長する人材。活性化する組織。

共に働くかけがえのない人たちと、大切な組織を活き活きと進化発展させたい。
そんな熱い想いで組織を担う皆様を、心から応援する組織活性のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
アルバイト・パート活用と、その超活性化。

もう一頁、甲子園でたくさんのドラマを生み出す高校野球を例にご案内を進めましょう。

選手が毎年入れ替わっても、勝ち続けられるチーム……。

そんなチームには、名監督と共に 「 勝てるチーム 」 「 甲子園に出場するチーム 」 の

『 DNAとでも呼ぶべきもの 』

が形成され、それが脈々と受け継がれてもいます……。

まず1つめは 「 自分達は甲子園を目指すチーム、甲子園に出場し続けるチームである 」 という組織としての高い自己イメージ高い自己満足値高い目標バー

2つめには、それを達成すべく脈々と引き継がれていくノウハウスキル知識考え方

そして3つめには、それを支えている組織風土組織インフラ、制度仕組み……例えば、厳しい練習メニューや育成プログラムを日常茶飯として継続し続ける密度の濃い組織習慣 、充実したグランド設備や練習用具、成長する選手へのチャンスや処遇……などでしょう。

これらによって、毎年どんなに 『 選手 = 人 』 が入れ替わり続けても、組織としての

『 次元の高いセルフイメージ 』

『 次元の高い基準値やスタンダードレベル 』

は変わらずに脈々と受け継がれ、勝ち続ける活性したチームであり続ける。

勝ち続けられるチームは、勝ち続けるチームへの扉を開くマスターキーを幾つも持っているのです。

 
このことを企業や各店にあてはめる時、同様に入れ替わってしまうアルバイト・パートさんの比率が高いからこそ、参考にしたい沢山のことが見て取れます。

最初の、自分たちは甲子園を目指すチーム、甲子園に出場し続けるチームである……という組織としての高い自己イメージ高い自己満足値高い目標バーはどうでしょう。

ここは、甲子園を目指す高校野球部に集う選手達がそうであるように、『 募集 』 『 受付 』 から 『 面接 』 『 選考 』 という 「 組織創りの入り口 」 がポイントになってきそうです。

次の、引き継がれていくノウハウスキル知識考え方はどうでしょう。

ここは、『 採用 』 した後の 『 導入 』 『 定着 』 『 育成 』 段階が大きなポイントになるでしょう。

最後の組織風土インフラ制度仕組み組織習慣チャンス処遇はどうでしょう。

ここは育てた人材が活き活きと 『 活躍 』 し、そして更に期待以上に 『 活性 』 する仕掛けと関係がありそうです。

10Point_Link_4Step

これらを改めて整理してみると『 募集 』 から 『 活性 』 までの 「 10のポイント 」 は、大きく分けて、

『 集める! 』 『 つかむ! 』 『 育てる! 』 『 活かす! 』 という4つのステップ

で、出来ていることが分かります。

“ 人 ” が入れ替わり続けても、『 組織やチームとしての高いセルフイメージ 』 、『 高い基準値 』 、『 高いスタンダードレベル 』 が変わらずに受け継がれ、勝ち続け、活性し続ける組織やチーム創り。

そのコツは、上記のような10のポイントと、

『 集める! 』 『 つかむ! 』 『 育てる! 』 『 活かす! 』

という4つのステップで、脈々と受け継がれていくというわけです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「アルバイト・パート採用・活用前章へ次章へ活性スパイラルに舵を切る」→

ページ上部へ戻る