アクトビジョン 人と組織の未来のために

人材育成-実行計画と実行管理

2012.03.26

PDCA⑦ 目標設定 と 実行計画

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

組織活性化のための、人材育成のヒント集。

次に、『 目標は立てるが計画を立てない 』 というお悩みについてです。

これについても G-PDCAシート は役立ちます。

シートの活用によって、「 目標 」 と 「 計画 」 を同じ機会の中で推進するのです。

「 目標 」 と 「 計画 」 とを一緒にすることで、「 目標 」 自体が低すぎる、高すぎる……という側面もチェックできます。

また、立てた 「 計画 」 を、面談等で上司や先輩と話し合い、更に良いものにすることで、

・計画は現実的か

・これまでの学びや教訓は活かされているか

・無理な点や見落としはないか

・活用できる資源やシステムはどうか

・もっと良い他のやり方はどうか

など、実行計画自体のチェックや改善、熟成も進みます。

一方で、「 計画を立てない 」 原因は、計画の本当の立て方を知らない処にもあるようです。

「 計画 」 は、「 現状 」 と 「 成長・発展 」 とを結びつける大切な架け橋。

重みに耐えられない橋や、向こう岸まで繋がっていない橋では渡りきれません。

どんな 「 計画 」 を立てるかで、「 成長・発展 」 へ渡りきれるかが決まります。

以下は、研修などでもご紹介している、基本的な計画立案の8ステップです。

Planing_8Step

お悩みをよくお伺いしていくと、「 目標 」 → 「 実行計画 」 だけになっているものや、「 目標 」 → 「 具体策 」 だけという内容がとても多いものです。

「 計画力 」 とは、「 行動 」 とそれによる 「 小さな成果 」 を、時間の流れの中のどこにどう鏤めれば、実現するのかを設計する力。

計画を意義あるものにするためには、「 現状 」 や 「 原因・課題 」 、「 強みや弱み 」 、「 活用できる資源 」 などの視界を押さえておくことが、まず欠かせない手順です。

また、計画段階で幾つかのチェックポイントを設定しておき、「 チェック & アクション 」 ……遂行状況の途次確認・検証と、改善・再計画の仕組みを折り込むことも、変化の激しい今の時代への対応という意味で、とても大切な要素になってきました。

「 成功をイメージできる力こそ、どんな知識やスキルにも勝る “ 人 ” が持つ基本的な力 」

目標設定と共に、より良い計画を立てられるようになることで、この力は更に引き出され、組織は活性化していくはずです。

「 現状 」 と 「 成長・発展 」 とを結びつける大切な架け橋 「 計画 」 ……ぜひ、G-PDCAシートと8ステップで、その限りない冥利を引き出しましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

← 「目標設定の6条件」前章へ

2012.04.05

PDCA⑧ 実行計画 と 実行管理

活き活きと成長する人。わくわくする未来へ活性化する組織……。

共に歩むかけがえのない人達と、大切な組織をもっともっと発展・進化させたい。
そんな熱い想いの皆様を応援する、組織活性化のための人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々お読み頂きありがとうございます。

 
前回 に続いて、『 計画を立てるがやりっぱなし 』 について見ていきましょう。

こちらについては、

・ 『 定期的な進捗状況の報告や、レポート提出でのチェック 』

・ 『 進捗面談の定例化 』

など、「 定期的に立ち止まって確認するしくみ 」 、「 実行管理・進捗管理をするしくみ 」 を、「 G-PDCA 」 の “ 弾み車 ” として定期化、定例化することをお勧めしています。
ご紹介のシート では、例として3回の進捗面談の記入欄をとっておきました。 )

特に、成長過程の “ 開発・習熟期 ” のメンバーほど、せっかく良い目標や意義ある計画を立てても、日々の業務に一生懸命になればなるほど目標や計画から離れ、日常業務やプロセスにまみれてしまう …… という側面が、どうしてもあるようです。

これを、仕組みとして我に返らせ、定期的にG-PDCAサイクルへ立ち戻ってもらう。

多くの企業様は、人事制度上の評価や昇進昇格などの査定で、最低でも1年に1度や2度位は面談の機会があることでしょう。

しかし、本気で人材育成を推進しようとするなら、年に1回や2回では少なすぎるかもしれません。

人事制度や評価制度は、共に働く人を成長させるためのものでもあるのです。

『 人材育成のためには、結果管理だけでなくプロセス管理を 』 ……というように、評価の機会だけでなく、こういったシートを間に挟んだプロセス管理の場面を、せめて半年に2回~3回、年に4回~6回ほど定例化してみては如何でしょう。

「 しっかりした振り返りがないので成長がない 」 というお悩みも、この定例化により解決へ近づいていきます。

ここで大切なことは、過去の失敗や成功からの

・学び

・教訓

・成功パターン

・サクセスセオリー

などを、しっかり言語化して具体的に整理し、次の目標や計画に 『 活かす 』 ことです。

こうして見ていきますと、ご紹介した 『 G-PDCA 活用シート 』 は、たったA3サイズ一枚のシートでしかありませんが、

・ 『 目標を設定する力 』

・ 『 目標達成への道筋をイメージし、実行計画を立てる力 』

・ 『 実行管理をしながら実行しきる力 』

・ 『 その過程から 学び や 教訓 や 成功セオリー を得て、次に活かす力 』

など、人材の成長へ、さまざまな力を高めてくれることが見えてきます。

OJTとOff-JTとPDCA……皆様の組織でしっかり連動し、ひとり一人がよりいっそう成長していくことを、心から応援しています。

← 「目標設定の6条件」前章へ ・ 次章へ「誰が育てる、どう育てる」→

ページ上部へ戻る