アクトビジョン 人と組織の未来のために

人材育成-OJT と Off-JT

2011.11.25

OJT と Off-JT ① 人材育成の大きな柱

人材育成や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、人と組織を成長させたい……
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

 
これまで少々堅い話を挿み、人材育成の入り口である 「 育成方針を明確にし共有する 」「 育成する5つの領域 」 と順にご案内してきましたが、この項から 「 具体的な手法 」「 推進するための方法や仕組み 」 のご案内に進みましょう。

育成方針を明確にしたなら、それを実現するための具体的なアクションへ。

ただ共有するだけでなく、推進するための仕組みや打ち手を整える。

育成方針は、職場の様々な場面で活用されることでこそ、組織の進化は加速します。

◊ ◊ ◊ 

ここで最初にご紹介したいのが、

『 OJT ( オージェーティー ) 』 と 『 Off-JT ( オフジェーティー ) 』

です。

『 OJT 』 は、『 On the Job Training  』 の略で、配属先など職場の中で、実際の仕事を通して育成を促す方法。

『 Off-JT 』 は、『 Off the Job Training 』 の略で、職場や実際の仕事を離れ、集合研修やセミナーの形を取って育成を促す方法のことです。

企業や組織における人材育成の手法としては、この2つの他に

 『 自己啓発 』 ( 自分で自発的に学習・訓練をする )

があり、人材育成の三大柱として、多くの企業様が上手に組み合わせ活用しています。

 OJT_Off-JT_01

自己啓発については、個々が自発的に学ぶものを、企業や組織はどう活用するのでしょう?というご質問を頂くことがありますが、例えば、

・予め推奨する通信教育やセミナー等を公示しておき、申請者に受講料を支援する
 ( 全額でなく一部支援、支給には一定の職能要件が必要等、内容は様々です )

・推奨する国家資格、仕事に役立つ資格を公示し、取得者にお祝い金等を支給する
 ( 資格取得後〇年間の勤務等、こちらも設定条件は様々です )

・提案論文などの提出を前提とした視察休暇、海外遊学などの機会を提供する
 ( こちらは費用だけでなく、時間も支援していることになりますね )

・社内に書籍庫などを設置し、推奨する書籍や資料、DVD等を貸し出す。
 ( 社内図書館ですね )

などの他、最近は進化するWEB環境を活用した 「 eラーニング 」 と呼ばれる学習や訓練のシステムを活用する企業様も増えています。

ある意味で、今、このコラムをお読みの皆様の中にも 「 自己啓発 」 をしている?!……方がいらっしゃるかもしれませんが、企業や組織で自己啓発を活用しようとすると、どうしても全社を巻き込んだ 「 制度の策定 」 やシステムや設備などの 「 導入・設置 」 が伴います。

このコラムでは、主に現場における育成視点を中心に……の趣旨から、次回以降、これらを伴わずに創意・工夫ができる 「 OJTとOff-JT 」 を中心にご案内を進めましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成5つの領域」前章へ

2011.12.05

OJT と Off-JT ② 組み合わせて強みを活かす

人事や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、人と組織を成長・発展させたい……
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

 
前回からご案内している OJT と Off-JT

それぞれには、長所と短所、得意分野と不得意分野があります。

簡単に整理しておきましょう。

 OJT_Off-JT_02

OJTとOff-JTはどちらが良いのでしょう?

というご質問をよく頂きますが、この2つは、どちらが良い、どちらが上位……ではなく、それぞれの強みを活かし、組み合わせることで真価を発揮します。

OJTは日常業務の中で指導育成ができますから、

すぐできる、手軽にできる、繰り返し継続してできる、実務に即してできる、ひとり一人に合わせ細やかにできる、成果が見え易い……等の長所

がある反面、

指導者の力量に左右される、業務からかけ離れた領域は苦手、配属現場の負担……等の短所

も伴います。

一方Off-JTは、職場を離れて指導育成できますから、

短期に集中して、効率的に、体系的・専門的なことを、専門・専用の講師や機材で、多人数に、同時に、明確な目的を持ってできる……等の長所

がある反面、

大きな費用、準備に手間暇、通常業務の停滞、業績や成果への直接的反映がはかり難い……等の短所

が伴います。

よって、OJTは、業務に即した領域、実際に経験することが有効な領域、何度も繰り返すことが必要な領域などで力を発揮。

Off-JTは、業務から離れた領域、体系的・専門的な領域、一度に多人数の方が効率的な領域などで大きな力を発揮します。

それぞれの強みを生かし、弱みを補完し合うよう組み合わせ、目的に応じて使い分ける。

これが、高い育成効果へのポイントです。

◊ ◊ ◊

こういったOJTとOff-JTの関係は、よく竹の 「 稈 と 節 」 の関係に例えられます。
※竹のあの部分は、正式には稈 ( かん ) と呼ぶんですね。

 OJT_Off-JT_03

竹はある方向の力には、鉄筋よりも強い強度があるのだそうですが、その強さを支えているのは 「 節 」 なんだそうです。

竹がしなやかで折れにくいのは、節があるから。

けれど、もしも竹が節ばかりだったら、あれほど大きく成長することはできません。

竹が見上げるほど高く大きく成長するのは、稈があるから……というわけです。

日々の業務の中OJTでぐんぐん伸ばし、節目のOff-JTで強くしなやかにする。

OJTとOff-JTは、竹の稈と節のように組み合わせることで、育成効果を高めていきます。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「人材育成5つの領域」前章へ

2011.12.09

OJT と Off-JT ③ OJTとは

企業経営やマネジメントを担う皆様をはじめ、人と組織を成長・発展させたい……
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する人材育成のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々お読み頂きありがとうございます。

 
ご案内しているOJTとOff-JT

今回は、OJTの大きな誤解?!を解いておきましょう。

 
たくさんの企業様を支援させて頂く中で、時折、

「 いやぁ、うちは育成体制が整えられていないので、OJT中心で…… 」

と、OJT本来の機能に大きな誤解がある場面に出会うことがあります。

ここではOJTの捉え方が大切なポイントになるでしょう。

あえて声を大にしてお伝えします。

単純に配属先で業務に就かせている状態はOJTではありません。

様々な人材育成のお悩みは、これをOJTと捉えるところから発生している……ことがとても多いものです。

もし、OJTに人格があったなら彼は言うでしょう。
( 彼女?!かもしれませんが…… )
 
「 私は、もっと皆様のお役に立てるんです。私の偽物が多すぎます!! 」

と。

OJTとは、日々業務を遂行しながら、

どこへ向かって、何を、いつまでに、どの順番で、どのように……

という明確な意図のもと、事前に定めた育成目標に向かって、計画的継続的に進められる育成手法のことです。

もし、自社や自組織が、単に配属先で業務に就かせている状態をOJTだと捉えているなら、それを上記のように改善するだけでも、人が育ち、人が育まれる力は劇的に変化します。

時に業務の中で教える場面があっても、それが意図のない流れに任せた場当たり的なものであるなら、それはOJTの偽物です。

本物のOJT君 ( OJTさん?! ) は、名曲 「 千の風になって 」 ではないですが、

「 そこに私はいません 」

「 私の偽物の前で困らないでください 」

「 本当の私は皆さんを目覚めさせ、きらめく成長の風を吹きわたらせるんです 」

と、いつでも皆様をいざなっていますよ……。

←「人材育成5つの領域」前章へ・続きへ「OJTとOff-JT P2」→

ページ上部へ戻る