アクトビジョン 人と組織の未来のために

人材育成・組織活性

2011.10.10

人材育成・組織活性 ‐ 『人材育成のヒント』

アクトナビの藤井です。

数多くのサイトの中からactnavi.comへお越し頂き、誠にありがとうございます。

actnaviは、企業経営者様や店舗オーナー様をはじめ、組織マネジメントや人事を担う皆様、人と組織の成長・発展を想う全ての皆様を応援するサイトです。

foundations_01

「 人材育成 」「 組織活性化 」 のポイント。

それを推進するための 「 マネジメントのコツ 」 「 人事制度 」

入り口となる 「 募集・採用のコツ 」 などなど……。

人の成長、組織活性……共に働くかけがえのない人たちと企業や組織の成長・発展へ向け、お役に立てる情報を熱い想いを込め、連載コラム形式でご提供していきます。

皆様からのご質問、ご相談、ご意見、ご感想……等など、業種や企業規模にかかわらず丁寧にお応えしておりますので、「 こちら 」 から、お気軽にお寄せください。

さて最初は、たくさんのお客様からご要望のあった 「 人材育成 」 についてです。

………………………………………………………………………………………

Q.

経営の三大資源 ヒト ・ モノ ・ カネ とある中、「 ヒト 」 が 「 モノ と カネ 」 を扱う。

その意味で、「 人 」 こそが最大の経営資源であり、経営にとって 『 人材育成 』 がとても重要なテーマであることは、良く解っているのですが、なかなか上手くいきません。

何から、どう手をつけていけば良いのでしょうか?

………………………………………………………………………………………

Q.

創業してから企業規模も拡大を続け、初めて新卒採用を行いましたが、定着も含め育成面で苦戦しています。

新入社員の定着、育成のポイントについて教えてください。

………………………………………………………………………………………

Q.

毎回苦労して採用していますが、入社した人たちをなかなか戦力化できません。

新しく入社した人たちが育ち、活躍している組織には、どんな秘訣があるのでしょうか?

………………………………………………………………………………………

A.

事業環境や経営環境が大きく変化している昨今。

最大の経営資源である 『 人 』 の成長スピードとその質の差が、企業や組織の成長を大きく左右する時代になりました。

どんな時代でも『 人材育成にかけた投資 』は決して裏切らない_企業における組織力とは『 戦略力 』と『 遂行力 』と『 人材力 』の積である_より良い状態を考える組織はより良い組織となり、大きく考える組織は大きく育つ_図

☞どんな時代でも『 人材育成にかけた投資 』は決して裏切らない。

☞企業における組織力とは『 戦略力 』と『遂行力 』と『 人材力 』の積である。

☞組織の状態は所属する人が考えている『 イメージの総和』通りになっていく。

☞より良い状態を考える組織はより良い組織となり、大きく考える組織は大きく育つ。

など、『 人材育成 と 組織活性 』の関係性はこれまでも様々な視点で語られてきました。

詰まるところ、組織の状態を形作るのは『 人 』 ひとり一人のマインドや考え方や知識やスキルの総和。

全ての企業は『 人 』の存在なくして成長・発展することはできませんし、『 人材育成 』や人の成長をなおざりにして、組織力だけを高めることも決してできません。

長期的に時間も予算もかけて人材育成に力を注げれば良いのですが、経営環境の変化の中、時には待ちきれない局面もあって……というお声も頂きます。

人材育成は、

・組織創りの入り口となる 『 人材採用 』 『 募集採用活動 』

・人材育成の強力なツールとしての働きもする 『 人事制度 』 『 評価・処遇 』

・人材が育っていくための土壌、ベースとなる 『 組織風土 』 『 組織文化 』

等との関係も大いにありますが、この項ではまず、すぐ手をつけられ改善し易い

『 育成現場でのポイント 』 『 育成する方が押さえておきたい知識やスキル 』

を中心にご案内致しましょう。

 
まだ手を付けていないのであれば、人材育成のためにまずやっておきたいこと。

どんな経営環境下であっても、これだけは継続すべきこと。

コストも少なく、現場ですぐにできる効果的なこと。

以下、大きく12の側面に分け、次回から順にご案内していきます。

1.育成方針は明確ですか?
まるでサッカー選手に野球の練習をさせている組織にしないために

2.人材育成とは?
人材育成によりいっそうの本気で向かう皆様へ

3.育成する5つの領域
分けると分かる、分けると見える……より効果的な人材育成

4. 人材育成のために① 『 OJT 』 と 『 Off-JT 』
OJTとOff-JTを効果的に進めるコツ

5. 人材育成のために② 『 健全な仕事観・共通の価値観 』 を育む
働く意味、仕事とは何かを共有する 

6. 人材育成のために③ 『 PDCA 』 が回っている組織創り
目標設定・実行計画・実行管理のコツ

7. 人材育成のために④ 『 誰が育てる? どう育てる? 』
育成担当者の必要性 と 育成階層の複線化

8. 人材育成のために⑤ 『 人材育成 育成担当者5つの基本機能 』
モチベーター・コーディネーター・ロールモデル・ティーチング・コーチング

9. 成長の主役は本人
成長の機会や環境 と 成長それ自体の関係

10.育て上手な人がやっている「 たった3つのコツ 」
「彼(彼女)の部下は皆グングン育つなぁ」と言われる人がやっているたった3つのコツ

11.変化する時代-人が育つ組織とは?
人材育成のための仕組みや仕掛けが 「 活かされる組織 」 と 「 活かされない組織 」

12. 大変革・大変化の時代……『 自走進化型組織 』 と 『 操縦進化型組織 』
「 0から1を創れる人材、1を〇倍化できる人材 」 と 「 レールを引けば走れる人材 」

( 採用活動のコツや人事制度、活性化する組織風土の醸成などについては、少し先の項でまたご案内していきましょう。)

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

次章へ「人材育成 – 育成方針の明確化」→

ページ上部へ戻る