アクトビジョン 人と組織の未来のために

ティーチングとコーチング

2012.08.10

ティーチング機能とコーチング機能①

新入社員や部下の育成を担う皆様をはじめ、人事や組織マネジメントを担う皆様を応援する 「 人材育成 」 のヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
人材育成の5つの基本機能

モチベーターコーディネーターロールモデル …… と順にご案内してきましたが、残るは 「 ティーチング機能 」「 コーチング機能 」 です。

この2つは、人材の育成段階や場面によって 「 活用のウエイトを変えていく 」 ことが有効な人材育成に繋がります。

私は、これを育成段階に合わせ 『 かかわり方のギアチェンジ 』 をしましょう……とご案内していますが、この中で登場する 『 4つのギア 』 も含めて、 「 ティーチング機能 」 「 コーチング機能 」 は一緒にご案内致しましょう。

 
「 ティーチング機能 」 は文字通り 『  Teach=教える 』 機能です。

育成するメンバーに 「 問題の解き方や答えを教え 」 、「 具体的なやり方を指示・命令 」 しながら育成を促します。

新人社員は当初、仕事に必要な知識も少なく、その具体的なやり方も進め方の手順も解らない状態がほとんどでしょう。

この時期は、具体的な仕事の仕方を 『 指示 』 したり、必要な知識を 『 教え 』 たりする 「 ティーチング機能 」 がメンバー育成の主役です。

教える。指示する。見守る。確認する。そして、やりきったら褒める。喜ぶ。

できなかったら……もう一度教えて、励まして……。

時には叱らなければならない場面もありますが、まだ知識やスキルが浅い時期、本当は何を叱られているのか分からない……という状況を見かけることもあります。

「 ティーチング機能 」 こそ、以前ご紹介した 「 分ける と 分かる 」 活用の場。

ひとつひとつ噛み砕き、切り分けて、何が問題なのか、原因と解決策はどうなのか、理解を促しながら教え諭す感覚が近いでしょう。

もちろん、メンバーの感情への配慮と、一人の人間としての敬意は忘れずに。

 
一方 「 コーチング機能 」 は、直接答えを教えたり、具体的な指示・命令をするわけではありません。

『 質問や傾聴や賛同・支持 』 等を通し、メンバー自らが更に良いやり方や解答を導き出せるよう 『 支援・援助 』 する機能です。

スキルや知識を身につけ、いよいよ一人前の佇まいを放ちはじめたメンバー。

その中に既にある 「 答え 」 や 「 より良い仕事のやり方や手順 」 を 「 引き出していく 」 かかわり方ともいえるでしょう。

伝える。質問する。意見を聞く。賛同する。共感する。支持する。見守る。確認する。

できていない場合でも、指示したり教えたりするのではなく、気づかせる、すり合わせる、理解・共感を得る、約束する、もう一度自分で決めてもらう。

そして、褒める、認める……。

この時期でも叱らなければならない場面はありますが、新人時代のそれとは大きく異なり、メンバーの中に眠っているものを引き出して気付いてもらう感覚でしょう。

もちろん一人前のビジネスマンとしての配慮と敬意は忘れずに。

 
このように、「 ティーチング機能 」 「 コーチング機能 」 は、メンバーの成長段階によって、それぞれ発揮すべき場面が異なります

まだスキルも知識もなく、基本が何かも分からない新人の段階。

この段階で何も教えず、何も指示せず、「 どうしたら良いと思う? 」 「 どうしたい? 」 というかかわり方をしても、なかなか上手くいかないでしょう。

逆に、いよいよ一人前に……という段階。

この段階になって、いつまでも 「 ティーチング機能 」 でかかわり続けるのも、また別の課題を生み出してしまいます。

一人立ちできたはずのメンバーの内面で 「 依存 」 の状態が恒常化してしまう。

「 自分で考え、自ら答えを導き出せる 」 自立・自走した人材に成長しにくくなる……。

これは、どこか子育てにも通じるところがあります。

親心で……とあれこれ細かく口出しするのは、自信を持ち、任せて欲しい、自分で決めたやり方で……と感じ始めたこの時期には、かえって成長のブレーキになってしまうのです。

ここは、以前ご紹介した 「 モチベーション 」 の視点にも繋がるところでしょう。

自立・自走を始めたら、「 メンバーの想いや立場を尊重 」 し、「 自分で決めてもらう 」 方が、『 高い動機 』 や 『 当事者感・主体感 』 の中ですくすく成長していきます。

メンバーの成長段階を見極め、メンバーの状態に最適なかかわり方をする。

メンバーの変化と共に、育成を担う方々も変化することで、育成効果はぐんと高まっていきます。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「ロールモデル機能」前章へ

2012.08.20

ティーチング機能とコーチング機能②

部下や後輩の育成を担う皆様をはじめ、企業経営者やマネジメントに携わる皆様を応援する 「 人材育成 」 のヒント集。

人材育成の5つの基本機能 。

いよいよ最後のご案内です。

 
前回 ご紹介したように、 「 ティーチング機能 」「 コーチング機能 」 はどちらが有効というわけではなく、育成段階に応じ 「 活用のウエイト 」 を変えていくことが、より良い人材育成のポイントです。

私はこれを自動車やバイクに例え、 「 かかわり方には4つのギアがありまして…… 」 と、

4つの視点で 『 かかわり方のギアチェンジ 』

をすることをお勧めしています。

人材育成 かかわり方のギアチェンジ

1速
「 指示や教える 」 場面が多く 「 援助や支援 」 が少ない育成初期段階

2速
「 指示や教える 」 場面も相変らず多いが 「 援助や支援 」 的なかかわりも多くなる段階

3速
「 指示や教える 」 場面が少なくなり 「 援助や支援 」 的なかかわりが多いままの段階

TOPギア
「 指示や教える 」 場面も 「 援助や支援 」 的なかかわりも少なくなる自立・自走の段階

上図は、これら4つの段階と、メンバーの成長に合わせた 『 かかわり方のギアチェンジ 』 を簡単に整理したものです。

 
これは、自動車やバイクの運転に例えてご説明するとわかり易いでしょう。

まず1速で走りだし、スピードが乗ってきたら2速へ。

そして、2速で更にスピードが乗ってきたら3速ギアへ……。

これが最もスムーズで、最も安全な走り方です。

1速でいきなり100Km以上で走ろうとしても、なかなか上手くいきませんよね。

1速のまま高速道路を走り続けていたら……エンジンは煙を出して壊れてしまうかもしれません……。

1速には1速の適正な加速と速度、2速には2速の適正な加速と速度がある。

実はこれは、自動車やバイクを最も 「 いたわる 」 走り方でもあるんだそうです。

 
人材育成の様々な場面でも、このイメージはとても有効です。

まず基本を教える、指示するという 「 ティーチング機能 」 主体で育成し、基本を習得してある成長段階になったならかかわり方のギアチェンジ

次は 「 ティーチング機能 」「 コーチング機能 」 も、両方多いかかわり方へ変えていきます。

そして自立していく段階では、意図して 「 ティーチング機能 」 を少なく。

さらに自立・自走人材まで加速したら「 コーチング機能 」も減り、やがてメンバーは教えられる立場から、教える立場へと巣立っていくことでしょう。

育成担当者として、一生懸命後輩とかかわる中、『 ここまで成長したのに、最近どうも伸び悩んでいる…… 』 と感じたら、

『 かかわり方のギアチェンジ 』 をしないまま育成を進めていないか

振り返ってみることが大切です。

 
一方で、メンバーの特性によっては、ギアチェンジを共有しておくことも大切なポイントです。

例えば、これまではすぐ答えを教えなければならなかった相談の場面。

「 凄いな。もう〇〇については、すっかり身についたね 」

「 もう〇〇については相談ではなく、確認しながら進めてみようか 」

「 これからは、〇〇について、自分はどう思う、自分はどうしたい……を教えてもらえると嬉しいんだけど、どうかな? 」

と、かかわり方のギアチェンジを投げかけてみるわけです。

これまではすぐに答えを教えるかかわり方だったけれど、これから変える。

それをある日突然一方的にするのではなく、メンバーと一緒にシフトレバーに手を伸ばし、「 一緒にシフトアップする わけです。

もちろんその前提として、メンバーの成長への喜びを伝えることを忘れずに。

ギアチェンジは、メンバーを最も 「 いたわる 」 かかわり方でもあるのですから……。 

←「ロールモデル機能」前章へ・次章へ「成長の主役は?」→

ページ上部へ戻る