アクトビジョン 人と組織の未来のために

人材育成-育成担当5つの機能

2012.06.05

人材育成 5つの基本機能

かけがえのない人たちと、この大切な組織を成長、進化、発展させたい……。
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。
 
 
組織活性化、成長発展する企業創りのための 「 人材育成 」 のヒント集。

前章では 「 育成担当者 」 にはぜひ事前にレクチャーを……とご案内させて頂きましたが、そこで 「 人材育成5つの基本機能 」 となる

モチベーター・コーディネーター・ロールモデル・ティーチング・コーチング

に、少しだけ触れさせて戴きました。

HRD_five_method

育成メンバーのハートに火をつけ、モチベーションを高めるモチベーター機能

それぞれのメンバー特性やタイプに合わせ、最適な課題や組み合わせを見出し調整していくコーディネーター機能

やり方や手本を示し、自らが見本となり仕事のやり方やビジネスマンとしてのあり方を示すロールモデル機能

そして知識やスキル、考え方等を具体的に教えるティーチング機能と、それらを身に着けたメンバーを更に高みへ導くコーチング機能

実は人材育成を考える上で、この5つはそれぞれ欠かすことはできない重要な役割を担っています。

人材育成を担う方々は、この5つの機能をバランス良く発揮しながら進めることが大切……というわけで、このコラムの中でも数回に分け、順にご案内しておきましょう。

まず次回は、時代の変化の中で重要な機能となってきた 「 モチベーター機能 」 からです。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「誰が育てる?どう育てる?」前章へ ・ 次章へ「モチベーター機能」→

ページ上部へ戻る