アクトビジョン 人と組織の未来のために

9月, 2016年

2016-09-05

アルバイト・パート募集㊿集まる募集-半歩先の経営

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
応募者を増やす方法・工夫の第26回。

今回は、これまでの総括も含め、特に社長様や経営判断を担われる皆様に向けたポイントをご案内致しましょう。

社長・経営トップの経営判断-図

近年、「 アルバイト・パート採用 」というテーマでも、各企業の社長様をはじめ経営判断を担われる皆様向けの講演やセミナーのご依頼が増えてきました。

変化する時代の募集手法、新たな制度、採用ターゲット層の拡大に伴う働き方改革など……これまでのご案内の中には、経営トップ層の判断を必要とする工夫や施策もたくさんあり、業界によってはアルバイト・パート採用も重要な経営課題になっていることを実感します。

アルバイト・パート採用は人事部や各現場のマネジメントに任せきり……という時代から、アルバイト・パート採用も社長様自ら陣頭に立ち、経営判断を下しながら取り組む時代へ。

業界や企業規模にもよりますが、アルバイト・パート採用をいつまでも人事部や現場だけに任せきりにしている企業は、今後ますます採用が厳しくなっていくのかもしれません。

半年先の経営環境を想定した経営→応募者増・充分な人材・職場活性化・モチベーションup→提供価値の向上・顧客満足の向上→売上up・利益up・充分な原資-スパイラル図

ここで重要なキーワードになるのが、「 半歩先を歩む経営 」です。

アルバイト・パート採用への工夫や打ち手を実施するのなら、例えば「 半年 」だけでも先を歩んでみる。

マーケティングの世界にファーストムーバーアドバンテージ( First Mover Advantage )先行者利益という言葉があるように、採用活動においても環境の変化や競合他社の「 半歩 」だけでも先を歩むことが、上図のような好循環経営を創りだします。

もちろん、一歩も二歩も先を歩んでいる企業様も沢山おられますが、まずは半歩からでも、時間的には半年だけでも先を歩む経営が、費やした労力やコストの効果を100%発揮させ、打ち手や工夫の効果を何倍にも高めるわけです。

近隣他社の募集条件や制度を後追い→応募者少・人員不足・現場の疲弊・モチベーションDown→提供価値の低下・顧客満足の低下→売上Down・利益Down・少ない原資→次の打ち手が少なく-スパイラル図

逆に環境の変化や競合他社の後追いばかりになっていると、費やす労力やコストも空回り。
極端な例では上図のような悪循環を招くことにもなりかねません。

それはたった「 半歩 」の違いだけですが、時間経過と共に次の打ち手や工夫への選択肢まで狭めてしまい、ますます採用に苦労する流れになってしまうのです。

半歩先の経営判断 ( 時給設定 ) モデルと募集時平均時給推移モデル( 首都圏モデルの一例 )-グラフ図

このあたりは、「 時給改定 」を一例としてご説明すると最も分り易いでしょう。

上図は首都圏 ( 東京・神奈川・千葉・埼玉 ) の「 求人募集時の平均時給推移 」ベースでの平均推移モデル半歩先の経営判断モデルの一例です。

求人募集時の時給推移は、水準はそれぞれ異なりますが、東京・名古屋・大阪をはじめ多くの地域でほぼ上図のようなモデルで推移しており、昨今特徴的なのは最低賃金改定率の上昇に伴う、毎年10月を境とした急上昇傾向です。

国は「 1億総活躍社会 」を掲げ、全国平均の最低時給1000円以上を目指し最低賃金改定を着実に実施しています。

業界によってはこれまで設定していた時給水準がいよいよ最低賃金改定の影響を受け始め、毎年10月を迎える前に様々な労力を掛けて時給改定に踏み切る企業様も増えています。

ここで、せっかく労力やコストを費やして時給改定という経営判断をするのなら、半年だけ先を歩み、例えばアルバイト・パートさんの求職者が厚くなる2月~4月に実施してみる。

「 それでは人件費が増大して…… 」

というお声を頂くこともありますが、数年単位の視界では採用効率や生産性向上も伴って、売上高人件費率はもとより、販管費全体が逆に削減されたケースも多数生まれています。

半歩先の経営判断 ( 時給設定 ) モデルと募集時平均時給推移モデル&後追いモデル( 東海圏モデルの一例 )-グラフ図

このあたりは時給水準の違いも大きいので、名古屋をはじめとした東海圏のセミナー資料、大阪をはじめとした関西圏のセミナー資料もご紹介しておきましょう。

上図は東海 ( 愛知・岐阜・三重・静岡 ) ベースでの平均推移モデル半歩先モデル、そして後追いモデルの一例。

下記は関西 ( 大阪・兵庫・京都・奈良 ) ベースでの平均推移モデル半歩先モデル、そして後追いモデルの一例です。

こちらは首都圏資料も同様ですが、あくまでも各地域全体の全業種・全職種平均のモデル。

各地域でも「 都心エリア 」か「 周辺エリア 」か、また「 業種 」や「 職種 」によって更に水準が変わってきますので、より絞り込んだセミナー資料をご覧になりたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

半歩先の経営判断 ( 時給設定 ) モデルと募集時平均時給推移モデル&後追いモデル( 関西圏モデル例 )-グラフ図

ご案内の図の中で、後追いモデルも時給改定という経営判断をしている点は同じです。

数年単位では、売上高人件比率等もほぼ変わらないケースの方が多いことでしょう。

けれど唯一、時間という経営資源が未活用なため、せっかくの経営判断が効果に繋がり難くなってしまう。

全く同じ判断であっても「 半歩先 」を歩むか「 後追い 」になってしまうかで、その成果は大きく異なるというわけです。

何を経営判断するのか-自社は何をもって求める応募者層に選ばれるのか-働き易さ・職場創り・働きがい・自社で働く誇り-充実した人生を共に歩む「 場 」を創る-あの企業はなぜ最低賃金で募集しても人が集まるのか?・人はパンのみに生きるに非ず-人は明るい未来の見える場所に集まる・ロールモデル・人創りはブランド創り-明るい未来・素敵な仲間・充実した今-ホワイトボード説明図

もちろん、時給改定の視点は、あくまでもご説明のためのほんの一例です。

応募者を集めている全ての企業様が時給改定で半歩先を歩んでいるわけではありませんし、逆に常に最低賃金で募集をしていても多くの応募者を集めている企業様もたくさんおられ、この辺りは、これまでの様々なご案内についても同様です。

今、経営判断として大切なのは、

☞自社は何をもって応募者に選ばれるのか

を意思決定し、その領域を「 半歩先 」で築き上げ、磨き続けること。

「 とはいえ、何から手をつければ…… 」

という企業様へは

□採用環境の変化や他社の成功事例の社内勉強会

□上記後の採用活動についてのディスカッション

□その他の課題解決も含めたクロスファンクションチーム創り

などへの講師派遣やファシリテーションもさせて頂いており、「 半歩先の経営 」への大きな原動力になっているというお声も数多く頂いています。

自社・自店舗が応募者に選ばれる理由-集まる理由・魅力要因を「見つける」時代から集まる理由・魅力要因を「築き磨く」時代へ-図

時代が、

☞魅力要因を“見つける”時代から、魅力要因を“築く”時代

☞ 如何に“見極め排除するか”の時代から、如何に“包み込み育むか”の時代

☞“今の目の前の応募者を見る”時代から“空間・時間的広がりで応募者を見る”時代

に大きく変化している昨今。

自社にどんな魅力要因を築き、磨くことで人を集めるのか。

経営には「 お客様の満足とコストの削減 」「 サービスレベルの向上と効率UP 」など、常に相反する課題を同時に解決する視界が求められます。

皆様の経営判断が、ぜひ各企業様のわくわくする未来を創りだしますように……。

←「集まる求人-待遇・制度の工夫」前章へ

ページ上部へ戻る