アクトビジョン 人と組織の未来のために

7月, 2016年

2016-07-25

アルバイト・パート募集㊹集まる募集-体験制度

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第20回。

今回は、「 体験やお試し 」等の記載についてご案内致しましょう。

まずはお試しの短期から…でもOK!-図

□まずはお試しの短期から…でもOK!

□5日間のお試し短期体験制度あり!
気に入ってくれたらそのまま長期で…OK!

□履歴書不要!まずは空いてる時間に体験勤務‼
気に入ってくれたら週1日、1日2時間からシフト自由!

□アルバイトさんインターンシップ制度はじめました!
まずは3日間のオシゴト体験♪(時給950円+ウエルカムドリンク+交通費)
気に入ってくれたらそのまま長期で…大歓迎!
長期といっても週2~3日からシフトいろいろ自由自在ですよ!

ひと昔前はとても考えられなかったかもしれませんが、アルバイト・パートさん募集では、「 体験やお試し 」等の記載も最近急速に増えています。

「 仕事をするというのに、体験とかお試しって…… 」

という声も聞こえてきそうですが、新卒採用では、ある意味同じ考え方のインターンシップという採用戦略が20年以上の歴史を持ち、今やすっかり定着している昨今。

複数の大手チェーン企業様では、地域コミュニティのファン化も兼ね「 〇〇〇体験会 」や「 〇〇〇アドベンチャー 」などのイベントで、採用に繋げる活動も定期化されています。

互いのミスマッチを防ぐ仕事や職場の理解が深まる、面接・選考過程だけではできないファン化・エンゲージメントが深められる点などは、新卒採用時のインターンシップと同じ考え方でアルバイト・パートさん採用に応用した工夫であるとも言えるでしょう。

体験プログラム…職場理解・仕事理解→ファン化・同志化・エンゲージメント→動機形成・意欲向上→長期戦力化…現場マネジメント・職場づくり-図

「 体験制度・お試し 」と記載しても、最終的に目指すのはもちろん長期戦力になってくれるアルバイト・パートさんの採用です。

土台のポイントになるのは、これまでもご案内してきた現場マネジメント職場づくり

体験期間にファン化や同志化エンゲージメントを深めることで、ここで働きたい!という意欲へ繋げていくのは、まさに新卒採用のインターンシップと同様です。

こちらの制度を導入されている企業様の多くが、「 体験・お試し 」期間専用のプログラムを準備し、日々プログラムをブラッシュアップしているのも新卒採用のインターンシップとの共通点。

「 体験・お試し 」期間は職場の戦力になってもらうことを目指すのではなく、あくまでもファン化や同志化、エンゲージメントを深めることを目指すわけです。

ひとり一人との縁を育み、縁を育てる-図

もちろん、良い人材であっても体験期間で終了してしまう場合がないわけではありませんが、その場合もできるだけ

☞良い記憶を残す

☞いつかここで働きたいな……また応募したいと思ってもらうような応対をする

ことが大切です。

以前もご案内したように、求職人口が急速に減少している昨今。

地域のコミュニティにファンを増やし、潜在応募者層を厚く形成していく採用戦略は、今後ますます大きな力を発揮していきます。

こちらのご案内をさせて頂いたある企業様は、「 体験・お試し 」制度と合わせ、

□お礼ハガキ
□お礼メール
□特に縁を繋ぎたい応募者には手書きの手紙

などを活用し、応募効率を高める工夫も始められました。

ひとり一人との縁を育み、縁を育てる。

それは、今だけでなく、時間的空間的な広がりを伴って、必ず自社に戻って来るものです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「集まる求人-給与系の工夫」前章へ・次章へ「集まる求人募集-半歩先の経営」→

2016-07-20

アルバイト・パート募集㊸集まる募集-その他収入系

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第19回。

今回は、「 報奨金・インセンティブ・ミニボーナス 」や「 経験者はUP時給スタート 」の工夫についてご案内致しましょう。

報奨金制度あり!インセンティブ制度あり!ミニボーナス制度あり!-図

□報奨金制度あり!
□インセンティブ制度あり!
□ミニボーナス制度あり!

まずご紹介するのは、報奨金・インセンティブやミニボーナス系の記載です。

報奨金やインセンティブは昔から『 営業・販売職系 』の募集で多く記載されていましたが、最近では、飲食業界の『 ホールスタッフ・キッチンスタッフ 』等の募集や、流通業界の『 レジ・商品陳列スタッフ 』等の募集をはじめ、様々な業界・職種で幅広く見られるようになりました。

一方、ミニボーナス系は、あらゆる業界・職種で活用できる制度で、私もリクルートの新人営業マン時代から広くご提案させて頂いてきました。

もちろん、求人広告の効果を高めるためにミニボーナス制度を……だけでなく、定着率UPや育成・戦力化のメリット、具体的コスト設計も含めご提案。

これまでご提案させて頂いた企業様では、ほぼ全ての企業様が導入・運用頂いているほど、低コストで様々なメリットを生み出す制度でもあります。

自社や自組織のビジョン・ミッション・ありたい姿↔組織方針、戦略、フォーメーション、風土、「生産性」や「提供価値」を高めるための制度・仕組み↔個々の役割、成果、成長↔報奨金制度、インセンティブ制度、ミニボーナス制度の関係-図

こちらについては、もともと求人募集対策の意味合いより、

☞時代の変化の中、アルバイト・パートさんたちの生産性や提供価値を高める必要性

定着率UP育成・戦力化の推進

☞アルバイト・パートさんの頑張りに報いるための適正な報酬分配の一つの形

として制度化していることが多いのですが、確かに求人募集時に大いに応募者を増やす機能もしっかり果たしています。

報奨金・インセンティブ制度は、アルバイト・パートさんたちと「 お店の売り上げ目標 」を共有し、達成に応じて支給する運用が代表的。

1日毎に500円~1000円程度の設計から、月単位で3000円~1万円程度の設計まで、様々に運用されています、

ミニボーナスは半年ごとにアルバイト・パートさんの勤務状況や、より丁寧な活用をされる企業様では人事査定と連動させ支給する運用が代表的。

月当たりの平均勤務時間数や、前回ご紹介したステップアップカード等との連動や定期査定により、支給額は半年ごとで3000円~5万円程度の設計が中心です。

業界勤務経験者は、UP時給〇〇円からスタート-図

□〇〇業界経験者は、UP時給〇〇円からスタート!

続いて『 〇〇業界経験者はUP時給スタート! 』の記載。

こちらは、特に同業界・同職種の勤務経験のある応募者を増やす工夫です。

年々厳しくなるアルバイト・パートさんの採用環境の中、中途正社員採用の応用ケースや、もともと『 リタリーリクルーティング 』や『 復職制度・カムバック制度 』を活用され、

「 自社の復職者だけでなく、他社で同じ経験や能力を身に着けているなら…… 」

と制度化したケースなど入口は様々ですが、

☞復職制度やカムバック制度より、更に広い層に訴求できる

☞即効的に経験者の応募者増に繋がる

と、徐々に広がりを見せています。

実際の運用では、

☞『 面接者の評価・判断力 』を高める動きを平行して推進
  (面接担当者へのレクチャーや面接担当者研修の実施 )

☞実際に実技や仕事ぶりを見る機会や期間を設ける
  ( 給与決定のしくみ、明確で公正な決定プロセスの設計 )

☞アルバイト・パートさんの昇給制度設計に連動し、UP時給額も幾つかの段階を設定
  ( アルバイト・パートさん用の人事制度の平行整備 )

しているケースが多く、応募者自身のモチベーションと共に

「 後から入ったのに、なぜあの人は時給が高いの? 」

ということにならないよう、既存のアルバイト・パートさんたちのモチベーションにも配慮した運用になっています。

応募者を増やす工夫は既存のアルバイト・パートさんたちのモチベーションや組織全体の公正さにも配慮した設計を-図

これまでご案内してきた収入系の工夫は、

☞組織全体の公正で適正な処遇感

☞応募者を増やすことだけでなく、既存のアルバイト・パートさんたちのモチベーション

に配慮することが大切で、応募者が増えても既存のアルバイト・パートさんたちがやる気を失ってしまったら本末転倒です。

前々回も触れましたが、これらの制度は『 形だけ 』でなく、他の人事制度や人事方針、少しロマンチックに言うならどんな理念からスタートしているのかも大切な要素。

組織全体が持つ理念や制度と一致している工夫こそが、より大きな成果を生み出します。

次回は、給与・収入系を離れ、制度や待遇系の工夫に進んでいきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「集まる求人-企業の本分」前章へ・次章へ「集まる求人-待遇・制度の工夫」→

2016-07-15

アルバイト・パート募集㊷集まる募集-明確な昇給体系

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第18回。

今回は、最近改めて強い訴求素材になっている『 昇給制度 』『 ステップアップ制度 』の記載についてご案内致しましょう。

時給UPあり!(3カ月ごとに昇給チャンス!)-ステップアップカード時給UP制度あり!-昇格制度-図

□時給UPあり!(3カ月ごとに昇給チャンス!)

□ステップアップカード時給UP制度あり!
(これができたら時給UP―が分り易いと大好評!)

アルバイト・パートさんの昇給制度は、ほとんどの企業様が活用していることでしょう。

最近は、応募効果を高めるため、様々な求人メディアでこの昇給制度も改めて強い訴求素材になってきています。

求人倍率の上昇や、毎年の最低賃金改定も伴って、多くの企業が年を追うごとに募集時給を上昇させていますが、募集時給の金額で差別化するのはいよいよ限界に近づきつつある……というお声も数多く頂きます。

同業界、周辺地域、同職種の募集では相応に「 募集時給の横並び化 」が進む中、数か月後の昇給をイメージできる求人広告にすることで、求人メディア内での採用競争力を高める工夫というわけです。

 ステップアップ-昇格制度-イメージ図

ここで大切なのは、せっかく昇給を記載するのなら、応募者がよりイメージしやすいように記載するということです。

単に「 昇給あり 」と記載するだけではなく、

☞〇カ月ごとに昇給チャンスあり!

☞最大○○○○円のスタッフもいます♪
( 学生さん・入社2年・週3日勤務~フリーターさん・入社1年半・週5日勤務等多数 )

☞ステップアップカードで時給UP!
( これができたら時給UP!が分かり易いと大好評! )

など、可能な範囲で昇給までの期間や回数、昇給額のピッチ、昇給の仕組みなども共に記載することで、訴求力は格段に高まります。

昇給制度ツール-ステップアップカードの一例-図

上記は講演やセミナーでもご質問の多いステップアップカードの一例です。

私も数多くの企業様のお手伝いをさせて頂いていますが、入社後、ガイダンスや導入研修を経てから、こうしたカードをツールとして活用することで、昇給制度と人材育成が連動し、早期戦力化が力強く推進されていきます。

一緒に働くアルバイト・パートさんに

☞どうすれば昇給するのか
 ……何を習得し、どう頑張れば良いのか?

☞どんなふうに昇給するのか
 ……昇給金額のピッチや昇給期間のスケジュールは?

☞ルールや基準は?
 ……どんな仕組みで昇給するのか?どう昇給するのか?

等を明確にすることで、

☞同じ求人募集でも応募効果が高まる

☞定着率も向上する

☞育成力も高まる

☞アルバイト・パートさんの成長スピードも向上する

☞各企業の共通テーマでもある「人時生産性」や「提供価値」も向上する

☞結果、業績が向上し企業の成長・発展スピードも高まる

など、一石二鳥どころか、一石五鳥、一石六鳥の効果が図られます。

自社や自組織のビジョン・ミッション・ありたい姿↔組織方針、戦略、フォーメーション、風土、「生産性」や「提供価値」を高めるための制度・仕組み↔個々の役割、成果、成長↔昇給・昇格制度の関係-図

この後ご案内する報奨金・インセンティブ・ミニボーナス等も同じですが、本来、昇給制度の背景にあるのは「 人時生産性や提供価値 」を高めるという各企業共通のテーマです。

業種や業界によっては、数十名のアルバイト・パートさんに対し、ほんの数名の社員さんで運営している店舗や事業所も多くなっており、状況により採用したアルバイト・パートさんの育成や戦力化を、現場マネジメントだけで推進していくのも限界というお声も頂きます。

そこで、戦力化への仕組みや制度を整える。

昇給の仕組みを整え明確に制度化することは、現場マネジメントを強力にバックアップするツールでもあるわけです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「集まる求人-企業の本分」前章へ・次章へ「集まる求人-待遇・制度の工夫」→

ページ上部へ戻る