アクトビジョン 人と組織の未来のために

6月, 2016年

2016-06-27

アルバイト・パート募集㊴集まる募集-給与前払い制度

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第15回。

今回は、給与前払い制度についてご案内致しましょう。

給与前払い制度 図

□給与前払い制度あり!
□希望者は日払い、週払い制度あり‼

給与前払い制度日払い・週払い制は、以前から製造・警備・建設系などの一部の企業様の募集で記載されていましたが、ここ数年、飲食・流通・サービス業界等でもごくあたりまえに見られるようになりました。

求職者の多様化に伴い、給与の支払いサイトが短いことも強力な魅力要因になる時代。

企業規模によるところが大きいかもしれませんが、恒常的に対応できる体制が整えられれば応募増に繋がる工夫です。
( 一時的、短期的に対応しようとすると概ね失敗してしまいますので注意が必要です )

運用の詳細は企業様によって様々ですが、

☞実際に前払いするのは稼働分 ( 働いた分 ) まで
 ( 若しくは稼働分の〇%までなど )

☞申請〇日後支給、週毎で支払日を決める等、出金処理が煩雑にならないルールを決める

などが一般的なところ。

実際の運用実績は企業様や季節により様々ですが、学生さんは夏休みや春休み前のレジャー資金、最近ニュースになる学生の奨学金問題等の背景からか、授業料を支払う3月~4月も多少実績が増えるようです。

また、特に短期アルバイトの求人で耳にするのは、給与の支払いサイトが長すぎる企業様の面接後の辞退のケース。

短期アルバイトの応募者は、例えば春休み前半に働いて就職前の卒業旅行資金にするなど、賃金がすぐ手にできることが応募動機の一部になっています。

相対的に応募が増える短期募集も、支払いまでのサイトが長過ぎる組み合わせは、面接後の辞退を増やす傾向があることも押さえておきたいところです。

次回も、引き続き『 入社祝い金 』から解説していきましょう。

←「集まる求人-企業の本分」前章へ・次章へ「集まる求人-待遇・制度の工夫」→

2016-06-20

アルバイト・パート募集㊳集まる募集-ライフ&ワーク

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、熱く応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第14回。

今回は最近急速に浸透している「 ライフワークバランス 」に関連する記載や、妊娠、出産、子育て、介護などに関連する記載についてご案内致しましょう。

出産・子育て-図

□産休・育休取得制度あり!
 (直近5年実績〇〇名)
□看護休暇・介護休暇制度あり!
 (直近3年実績〇〇名)

産休や育休、看護休暇や介護休暇の制度や取得実績がある場合は、アルバイト・パートさん採用の求人広告でも積極的に記載することをお勧めしています。

求人広告の応募効果は、事実にとても敏感です。

これまでご案内してきたように、アルバイト・パートさんを集める上で「 安心感・信頼感 」がとても重要な時代。

アルバイト・パートさんの取得実績がある場合はもちろんのこと、企業全体の産休や育休、看護休暇や介護休暇の実績は、「 事実 」として「 安心感・信頼感 」を高める力強い素材になります。

くるみんマーク

関連して、最近、認定企業が急増している「 くるみんマーク 」もご紹介致しましょう。
※くるみんマークについてはこちら(厚生労働省くるみんマーク案内ページが開きます)

2015年迄の時限立法だった次世代育成支援対策推進法は、有効期限が2025年迄延長され、更に高い水準を継続して満たしている企業を認定する「 プラチナくるみんマーク 」も新たに登場しました。

認定のためには「 一般事業主行動計画 」の策定、その行動計画で設定した目標の達成など、一定の基準を満たすことが求められます。

こちらは自治体を通し国が認定しているので、更に高い安心感・信頼感に繋がっています。

ライフワークバランス 充実した人生を共に歩む場としての企業の本分-図

関連する「 ファミリーフレンドリー認定企業 」や「 ライフワークバランス認定企業 」等も同様ですが、変化する時代の中、最近の応募者が集まる求人広告からは、単に給与を貰って働く場としての情報だけではなく「 充実した人生を共に歩む場 」としての情報や事実が、しっかりとちりばめられています。

求職者人口の減少が長く続いている昨今、地域の求職者層のコミュニティにブラック企業と認識されると、地域でのその後の求人広告の効率が極端に悪くなってしまう……時代。

☞企業の本分は、関わっているあらゆる人を幸せにする存在ですよ

☞利益やコストは、それを実現するための手段でしかありませんよ

☞いつのまにか手段を目標にすり替えると、人材採用はますます難しくなりますよ……

ご案内してきた法令遵守に関わらず、時代の変化はそんなメッセージを発信し続けているかのようです。

←「集まる求人-応募者層の拡大」前章へ・次章へ「集まる求人-給与系の工夫」→

2016-06-15

アルバイト・パート募集㊲集まる募集-22時以降25%UP

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。
アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツやポイント。
求人広告などでも今すぐできる、応募者を増やす方法・工夫の第13回。

今回は『 22時~翌5時は時給25%UP! 』『 22時~翌5時は時給○○○円! 』等の記載へご案内を進めましょう。

22時以降は時給25%UP!22時以降は時給〇〇〇円!_図

□22時~翌5時は時給25%UP!
□22時~翌5時は時給○○○円!

こちらも前回同様『 労働基準法 』に基づいていて、

「 これこそ当たり前では? 」

というお声も、前回と同様に数多く頂く記載です。

前回の『 時給は1分単位で累積支給 』と大きく異なるのは、現在ほとんどの求人メディアで『 22時~翌5時 』の求人募集の『 ほぼ全て 』に記載されているほど浸透している点。

多くの求人メディアは、22時~翌5時の募集について『 時給25%UP以上の記載 』 若しくは『 25%以上UPした時給額の記載 』が必須になっており、これらをしっかり記載しなければ掲載できない求人媒体もあるほどです。

裏を返せば、うっかり記載を忘れてしまうと、前回のご案内と同様「 ブラックバイト? 」と受け取られる可能性が高くなり、『 応募効果の見込めない求人募集に費用を掛ける 』 ことにもなりかねません。

前回の『 勤務時間の過少申告の強制 』や『 実際に働いた時間の切り捨て 』と比較し、広く浸透しているからこそ記載必須。

相対的に掲載基準が緩い求人メディアや、掲載基準を自主判断する自社の採用ホームページ等でも、しっかり記載することをお勧めします。

割増賃金の区分と内容①深夜労働=午後10時~翌午前5時までの間に労働させた場合=25%以上②時間外労働=法定労働時間(1日8 時間・週40 時間)を超えて労働させた場合※月60時間まで=25%以上③月60時間超の時間外労働=1か月の時間外労働が60時間を超えた場合=50%以上※中小企業等は猶予あり④休日労働=法定休日の「1 週1 日」又は「4 週4 日」の休日に労働させた場合=35%以上⑤時間外労働+深夜労働=時間外労働が午後10時~午前5時と重なった場合=50%以上⑥休日労働+深夜労働=法定休日労働が午後10時~午前5時と重なった場合=60%以上_表

また、労働基準法第37条や第138条、平成6年1月4日政令第5号などでは深夜労働以外も割増賃金率を定めており、深夜労働を含め上記のようになっています。

募集によっては、こちらの該当する内容を記載することで応募増に繋がりますので、ケースに合わせ検討してみると良いでしょう。

次回は、最近急速に浸透している「ライフワークバランス」や、妊娠出産子育て介護などに関連する記載の記載へ進んでいきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「集まる求人-応募者層の拡大」前章へ・次章へ「集まる求人-給与系の工夫」→

ページ上部へ戻る