アクトビジョン 人と組織の未来のために

12月, 2015年

2015-12-25

アルバイト・パート募集⑨バトンを繋ぐ現場マネジメント

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツ。

募集採用活動の舵を、成功スパイラルへ切りなおす。

今回は、「 現場マネジメント 」についてご案内致しましょう。

recruiting_gimmick_for_ap_028

ご紹介してきた図の、上側にある現場マネジメント。

これまでご紹介の全てを活用し、成果へ向かって牽引する役割も担うのがこの要素です。

講演やセミナーでは、時折、

「 現場マネジメントが、どう募集採用活動と関係が? 」

というお声を頂きますが、前回ご紹介したように「 採用活動と定着・育成・戦力化は一体 」として考えるのが、変化する時代の募集採用のコツ。

現場マネジメントは、採用者の定着率の向上育成力・戦力化力も担う大切な役割であり、トリプルアプローチの「 人づくり・職場づくり 」とも密接に係わっている要素です。

前々回では、人づくり、職場づくり、お店づくりこそが最もリアルで最も強いメディア……とご紹介しましたが、

「 アルバイト・パートさんたちが活き活きと、楽しそうに働いている職場やお店 」

は、不思議と人のお悩みが少ないもので、そこにはポイントをしっかり押さえた店長さん、マネージャー、そして現場マネジメントをサポートする方々の存在があります。

定着・育成・戦力化、職場やお店の活性化については後程詳しくご案内していきますので、ここでは総論として2つのポイントを押さえておきましょう。

skill_for_human_resource_01

1つめにご案内したいのは、以前もご紹介「 育て上手な人のたった3つのコツ 」です。

変化する時代の中、成果に繋がる育成マネジメントのポイントも徐々に変化しています。

difference_of_communication_S

教える、指示する、見守る、確認する、感知する、褒める、喜ぶ、伝える、質問する……、意見を聞く、賛同する、共感する、支持する、叱る…等の様々な育成マネジメントの場面で、最近特に重要になってきているのが

① 褒める、認める、喜ぶ、叱らなければならない場面では、人を怒らずコトを叱る
② 教える場面や仕事を依頼する場面は、その意味や意義・必要性の背景を一緒に添える
③ 成長段階に合わせ「 理解→納得→共感→自発 」のステップを活用する

という「 内発的動機づけ 」 に関わる3つのポイントです。

こちらは以前のコラムでも詳しく解説していますので、ご興味のある方は、ご参照頂ければ幸いです。

 recruiting_gimmick_for_ap_029

2つめは、こちらも以前ご紹介新しく入社した方にどう成長してもらい、どう仕事を覚え、どう戦力化するかの基本構造です。

ここが上手くいかない職場は、入社初日からいきなり仕事に付かせOJTで……と、すぐに「 人手 」にしてしまう傾向がありますが、実はこれは最も良くない導入パターン。

気が付くと「 ( 悪気のない ) 放置 」状態のまま成果だけを追求めているような構造になり、下図の左側のような連鎖を引き起こしてしまうのです。

recruiting_gimmick_for_ap_030_s

逆に右側の連鎖にように上手くいっている職場は、「 指導・育成の基本構造 」を踏まえて、最低でも以下の3つを押さえた導入を行っています。

① まずはレセプションタイム
☞歓迎・迎え入れ、互いに自己紹介、ちょっとしたレセプション、心の居場所づくり
☞直接かかわるメンターや育成担当者との相互理解の時間
⇒関係性の土台づくり

② 全体像タイム
☞職場ツアーで職場の全体像
☞「新しく入社した皆さんへ冊子」やビデオなどの活用で、会社の全体像
☞導入チェックシート等の活用で仕事や役割の全体像
⇒モチベーションと意義・目的

③ 分けるとわかるタイム
☞知識・スキル・考え方・マインド・行動など教える要素によって分けて教える
☞一つの仕事のために上記の要素をステップバイステップでプログラム化
⇒知る・わかる・できる・実践~成長・成果・貢献へ

recruiting_gimmick_for_ap_031

入社当初、アルバイト・パートさんたちの多くは、不安やとまどいでいっぱいです。

まずは、それを取り除く時間を丁寧にかけているのが、定着率の高い職場の共通点。

不安やとまどいを「 よし!頑張るぞ‼ 」に変えていくのがこれら3つのポイントで、実際に仕事に付いてもらう前に、共に仕事をする仲間 として迎え入れ、強固な「 心の居場所 」を創ることが大切です。

←「採用環境の変化に適応する前章へ次章へアルバイト・パート集まる理由」→

2015-12-21

アルバイト・パート募集⑧採用を支える制度・仕組み

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツ。

募集採用活動の舵を、成功スパイラルへ切りなおす。

今回は、「 採用を支える制度・仕組み 」についてご案内致しましょう。

 recruiting_gimmick_for_ap_025

ご紹介してきた図の、下側にある制度・仕組み。

これまでご紹介 してきた「 トリプルメディア・トリプルアプローチ戦略 」を支える役割を担うのがこの部分です。

「 採用活動と人事制度がなぜ関係するの? 」

とお感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばこれまで繰り返しご紹介してきた

□リファラルリクルーティング……社内の従業員さんからの紹介チャネル
□リタリーリクルーティング……離職者の復職チャネル

も、しっかり制度化しておくと、より成果に繋がりやすくなりますし、

□キャリアパスプラン ( アルバイト・パートさんの昇格・昇給制度 )
□研修制度 ( OJTだけでなく、Off-JTの仕組み化・制度化 )
□表彰制度 ( 優秀なアルバイト・パートさんを定期的に表彰する制度 )
□定期面談制度 ( 仕事や職場の適応状況、希望や悩みなどを定期的に聴く制度 )

□定期アンケート制度 ( 面談で汲み取れない想いや意見のアンケート制度 )
□福利厚生制度 ( アルバイトサークル、パートサロン等独自の運用も )
□契約社員制度 ( アルバイト・パートさんからの正社員へのステップ )
□正社員登用制度 ( こちらも資格要件や運用など制度化が組織活性に繋がります )

等は、求人メディアや自社の採用ホームページの魅力要因人材吸引力の一端も担うので、これらの制度整備で応募者が増えたり、向上心の高い人材の応募が増えたりするのです。

 recruiting_gimmick_for_ap_026

以前もご案内しましたが、採用環境や経営環境が変化する中、

『 採用活動と定着・育成・戦力化は、もともと一体なもの 』
『 育成・戦力化と業績向上やビジョンの実現はもともと一体なもの 』

として考える企業様こそが、採用活動だけでなく定着・育成・戦力化、そして業績や組織の成長・発展までも上手くいく時代になりました。

失敗しているケースで多いのは、人材不足にとらわれて、「 採用をどうする 」を出発点にしてしまい、全てが後手後手になってしまう流れです。

これを成功スパイラルに舵を切りなおす。
すると、今までの流れとは逆の発想、逆の対策順になるので、制度や仕組みまで自ずと視界が広がっていくわけです。

 recruiting_gimmick_for_ap_027

最近では、「 学生アルバイトさんの就職活動支援セミナー等 」を制度化されている企業様、マイスター制度などの名称で「 資格取得支援制度 」をアルバイト・パートさんへも積極的に活用している企業様と「 自社らしさ 」を制度にしている企業様が人材を集めています。

「 就職活動で辞めていく学生アルバイトさんに支援って? 」
「 数年で離職するかもしれないアルバイト・パートさんに資格取得支援制度って? 」

というお声も頂きますが、例えば資格取得支援制度をご提案した上で、採用ホームページを制作させて頂いた企業様では、採用ホームページの中の資格取得ページのキャッチコピーを

「 人生への贈り物 」

から始まるページ構成にさせて頂き、応募者数増加、向上心のある人材の応募が増えた……など嬉しい効果に繋がっています。

募集採用活動の舵を、成功スパイラルへ切りなおす。

次回は、「 現場マネジメント 」の重要性についてご案内致しましょう。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用環境の変化に適応する前章へコラムTOPへ人材育成のヒント」→

2015-12-15

アルバイト・パート募集⑦トリプルアプローチ戦略

アルバイト・パートさんの採用や育成を担う皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

アルバイト・パート募集のコツ第7回。

今回は、「トリプルアプローチ戦略 」についてご案内致しましょう。

recruiting_gimmick_for_ap_021

ご紹介してきた図の、右側にあるトリプルアプローチ。

それぞれ「 求職者との接点 」を示していますが、これらの対策は採用活動を改善する上で、とても大切なポイントになります。

recruiting_gimmick_for_ap_022

まず1つめのパソコン・スマホ・タブレットは、「 求人メディアや採用ホームページ 」などを通し、多くの求職者との接点となるポイントです。

「 これ、あたりまえでは? 」というお声も聞こえてきそうですが、1つ注意頂きたいのは、特にスマホやタブレットで「 自社の採用ホームページ 」がどう表示されているかです。

ビジネスはパソコンの大画面での閲覧が中心である一方、アルバイト・パートさんの場合、スマホ・タブレットでの閲覧がぐっと割合を高めています

アルバイト・パートさん用の採用ホームページ活用にあたり、スマホやタブレットではどう表示されるのかは意外に見逃されがちなポイントなので、一度、自社の採用ホームページをスマホやタブレットで検索してみると良いでしょう。

「 あれれっ、スマホだとこんなふうに表示されていたんだ?! 」

という場合もご安心ください。

現在はスクリーンサイズに合わせ自動的に最適化してくれる 『 レスポンシィブデザイン 』『 自動変換ツール 』 などがありますし、学生さんや若者層を中心ターゲットにするなら『 スマホ専用サイト 』もお勧めです。

recruiting_gimmick_for_ap_023

続いて、真中の「 人づくり・職場づくり・お店づくり 」について。

「 求職者との接点 」として、こちらのポイントはイメージしにくいかもしれませんが、実は 「 人づくり・職場づくり・お店づくり 」 は、どんな求人メディアにも勝る、最もリアルで、最も強いメディアでもあります。

時代背景に伴い、求職者は職場やお店に下見に行ったり、インターネットやコミュニティを通し事前にリサーチしていたりします。

流通・サービス業界や飲食業界は、実際の店へお客さんとして足を運ぶこともできますし、そこでアルバイト・パートさんが辛そうな暗い顔で働いていたり、ともすると上長や店長に怒鳴られていたりする場面を目の当たりにしたなら、

「 ぜひここで働きたい‼ 」

「 ぜひこの人たちと一緒に仕事がしたい‼ 」

とは誰も思わないものでしょう。

人づくり・職場づくり・お店づくりは、業績向上や組織活性化の観点でももちろんですが、募集採用活動においては、求職者との最もリアルな接点。

□求職者との接点として、ロールモデル、憧れのような存在になる人づくり
□ひとり一人が活き活きと明るい顔で働ける職場・お店づくり
□職場やお店全体から、活気や○○が溢れる雰囲気づくり

は、どんな求人メディアにも勝る、最もリアルで、最も優先順位の高い対策項目です。

recruiting_gimmick_for_ap_024

最後は、3つめの「 えんむすび 」について。

こちらは「 求職者 」から、「 応募者 」となって頂いた方々への対策ポイントになります。

「 えんむすび 」という言葉から、和や日本独特の響きを感じとる方もいらっしゃいますが、それこそが「 応募受付・面接・合否連絡 」という「 応募者との接点 」の本質

応募・面接から入社の一連の流れを、和の価値観である「 えんむすび 」と捉えるところに、それぞれの採用実務力向上の仕掛けが施されているわけです。

応募受付から面接等のコツは、正社員とほぼ同じですから、詳しくは以前のこちらこちらをご参照頂ければ幸いです。

「 素敵な物語は、いつも『 ありがとう 』からはじまる 」

「 応募受付の3S……スピード・スムーズ・スタンス 」

「 心からお待ちしています…で締めくくる応募受付 」

「 面接選考で最低限必要な5つのステップ 」

それぞれアルバイト・パートさん採用時にも、とても大切なポイントです。

次回は、採用活動を支える制度・仕組みについてご案内致しましょう。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用環境の変化に適応する前章へ次章へアルバイト・パート集まる理由」→

ページ上部へ戻る