アクトビジョン 人と組織の未来のために

7月, 2015年

2015-07-25

アルバイト・パート活用の「そもそも」

企業経営や店舗運営を担う皆様をはじめ、人と組織の成長・発展を想う……。
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する組織活性化のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂き誠にありがとうございます。

 
ご案内している 『 アルバイト・パート活性化 』 。

この項では、前出 の 「 集める!つかむ!育てる!活かす! 」 の4つのステップを支える、アルバイト・パート活用の 「 そもそも 」 の部分を押さえておきましょう。

 
この題材をセミナーや研修等でご案内する際は、まず身近なアルバイト・パートさんの中で「 優秀な方 」「 頼りになる方 」 を何名か想い浮かべて頂いています。

いわば期待する以上に頑張ってくれている、意欲の高いアルバイト・パートさん達ですが、ぜひ皆様も想い浮かべてみてください。

そういったアルバイト・パートさんとの日々の会話や働きぶりを思い浮かべて頂きながら、例えばこんな質問をさせて戴くのですが、皆様はどんなお応えが浮かぶでしょうか?

viewpoint_of_the_base

※こちらをクリックすると拡大します

その方々は、当初どんな動機で、アルバイト・パートを探したのでしょう?

その方々は、何を理由に自社のアルバイト・パート募集に応募したのでしょう?

その方々は、どんな動機から期待以上に頑張り、どんな理由から意欲が高いのでしょう?

その方々が、自社で働き続ける拠りどころは、何でしょう?

その方々が学生なら、どんなスケジュールで学業とアルバイトを両立していますか?

その方々が主婦なら、どんなスケジュールで家事や子育てと両立していますか?

その方々がフリーターなら、何を目指し、どんな目標を持っていますか?

……如何でしょう?

質問によっては、普段あまり深く意識していないこともあるかもしれません。

けれど、こういった側面をしっかり押さえておくことは、アルバイト・パートさんの活性化に向かう上で、とても大切なポイントのひとつになります。

なぜ自社のアルバイト・パート募集に応募したのか?

どんな動機を持ち、モチベーションの源泉はどこにあるのか?

( 他社や他店ではなく ) 自社や自店舗で頑張る理由は何なのか?

それぞれ何を目指し、どんなことと両立しながら働いてくれているのか?

アルバイト・パート活用は、まずこういったことを理解していることが土台。

正社員ではそぐわない視界もありますが、その違いこそが大きな意味を持っています。

アルバイト・パートさんたちが集まり、定着し、やる気になり、活躍してくれるポイントは、正社員とは異なります。

正社員とは異なる、アルバイト・パートさんたちの背景を理解する。

アルバイト・パートさんが採用できない、定着しない、育たない、やる気になってくれない等のお悩みの根本は、ここを踏まえずにとにかく頑張ってもらおうとする……ところにあることが多いのです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「活性スパイラルに舵を切る前章へ次章へアルバイト・パート採用の現状」→

2015-07-21

「アルバイト・パート活性化」と「生まれ続ける物語」

企業経営や店舗運営を担う皆様をはじめ、人と組織の成長・発展を想う……。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援するアルバイト・パート活用のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂き誠にありがとうございます。

 
ご案内している 『 活性スパイラルに舵を切る 』

今回はアルバイト・パートさんの活性化から創り出される 「 様々な物語 」 から、時間的・空間的な視界を更に広げておきましょう。 

super_activity_atmosphere_01

皆様は、例えば新卒の学生を面接する場で、

「 特定の企業でアルバイトをしていた学生から、共通して感じられる佇まいや有能感 」

を受け取った……というご経験はございませんか?

人事や面接を担う方々からは、

「 〇〇社でアルバイト経験のある学生は、皆一皮むけている感がある 」

「 ◎◎で◇◇職のアルバイト経験がある学生は、既に社会人の基本を身に付けている 」

といったお話を数多く頂きます。

私も時折経験しますが、特定の企業様でアルバイト経験のある学生は、確かに社会人数年目のような佇まいをして輝きを放っている方々が多い。

それぞれの企業様の採用基準の高さもあるのかもしれませんが、やはりアルバイト・パートさんの育成力の高さに尊敬の念を抱かずにはいられません。

皆様がアルバイト・パートさんと共にする時間は、例えばこんな物語を通し今日もどこかで自社のファンを創り出しています。

それは、アルバイト・パートさんが、ほんの数年で旅立ってしまうからこその物語。

「 名店長と高校野球の名監督 」 の頁で触れたように、時にアルバイト・パートさんの育成に様々な葛藤が過ることもあるでしょう。

けれど、掛けた手間暇や込められた想いは、そのアルバイト・パートさんの次のステージへも継がれ、たくさんの新しい物語を生み続けていくものなのです……。

採用力=Business & Company(事業や企業自体が持っている力)×Mission & Culture(仕事内容・仕事環境・職場風土・企業文化)×Working Conditions(待遇・処遇・人事制度)×Recruiting Activities(採用活動力) 5図

以前、募集・採用のヒント でご案内した、

採用力× × ×

のそれぞれの項で、

☞成長・発展し、社会に貢献しようとする組織には、必要な時に必然ベストな人材が集う

☞人が活かされ、人が成長し、そのミッションを遂行し易い環境を創り高めようとする組織には、必要な時に必然ベストな人材が集う

☞適正な勤務条件を整え、その成果や貢献や能力の向上に伴って適確な処遇を図ろうとする組織には、必要な時に必然ベストな人材が集う

という摂理のような一面について触れましたが、こういった点はアルバイト・パートさんも全く同じです。

更に、アルバイト・パートさんの採用や定着、育成や戦力化が上手くいっている組織ほど、ほんの数年で旅立つかもしれないからこそ、自社での時間をより有意義なものに……という想いが其処彼処から溢れ出ています。

だからこそ、アルバイト・パートさんの仕事環境や諸制度を整える。

ひとり一人と丁寧に向き合い、その成果や貢献にしっかり報いる。

学生アルバイトさんなら業務に必要な知識やスキルと共に、やがて本当の意味で歩んでいく社会人としてのマインドや考え方の領域までかかわっていく。

面接の場で、

「 特定の企業でアルバイトをしていた学生から、共通して感じられる佇まいや有能感 」

を受け取るのは、それぞれの企業様がアルバイト・パートさんの仕事環境や諸制度を整えながら、ひとり一人と丁寧に向き合い続けてきた賜物のようです……。

 
自社で有意義な時を過ごしたアルバイト・パートさんは、特に外食、流通などの企業では、将来、常連のお客様になっていく……という物語もあります。

私も時折お会いしますが、アルバイト・パートさんから自社の幹部となり、時に社長として自社を担う……という縁の形も、決して中小企業だけの話ではありません。

更に例を挙げるなら、現在、私の身近で強力なビジネスパートナーになってくれている方の一人は、彼が大学生のころ私のもとで学生アルバイトとして共に頑張ってくれていた頃からの縁。

大学の卒業と共にアルバイトも卒業しましたが、上場企業に就職して力を磨き、やがて自らの会社を立ち上げた後、また新たな関係で共に汗を流す……という物語もここにあります。

アルバイト・パートさんとの出会いから始まる素敵な物語。

そんな視界に想いを馳せれば、アルバイト・パートさんとの時間は、数年だけかもしれないからこそ、より大切なものになるでしょう。

その本質を噛締め大切にするからこそ、採用募集でアルバイト・パートさんが集まるという活性スパイラル。

大切にするからこそ、定着し、成長し、活躍してくれるという活性スパイラル。

これからご案内するアルバイト・パートさんの採用募集や定着、育成や戦力化のそれぞれのポイントは、ここを踏まえるからこそ活きたものとなり、より高い成果に繋がります。

それは共に汗を流すアルバイト・パートさんだけのためでなく、ある意味で自社や自組織の成長・発展の原動力でもあるようです。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラム アーカイブスはこちら 》

←「組織活性化10のポイント前章へ次章へアルバイト・パート活用の土台」→

2015-07-15

活性スパイラルへの『5つのション』

人の成長。組織の活性化。

共に働くかけがえのない人たちと、大切な組織を更に成長・発展させたい……。
そんな熱い想いの皆様を、心から応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内している 『 アルバイト・パートさんの活性化 』 へのヒント。

前回前々回に分けてご紹介してきた 「 活性スパイラル と 不活性スパイラル 」 ですが、相関を図るため改めて並べてみましょう。

 comparison_of_Spiral

如何でしょうか。

わかり易く、敢えて典型的な例の対比になっていますが、貴社の組織、皆様の職場やお店は、どちらのスパイラルに近いでしょう?

セミナーなどでこの題材を扱うと、

「 では、活性スパイラルにするためのポイントは? 」

という話になっていきます。

ここは、組織や職場の状態によって優先順位が変わるところ。

そのため、毎回ご参加戴いた皆様と最適なポイントを整理していくわけですが、先日は、様々な組織にも汎用性があり、面白い形にまとめられた回になりました。

題して 活性スパイラルへの5つのション 』 ……。

あの有名な5つのションとはまた違う形ですが、想いを込め共に熟議した方々からの是非に……とのお声もあり、このコラムをお読みの皆様にぜひご紹介しておきたいと思います。

5_tion_for_Active_Spiral

人への情熱。人への関心。人に熱い想いの組織……パッション

相互理解、受け入れる組織、揺るぎない関係性の土台となるコミュニケーション

褒める、報いる、互いに認め祝福し合うセレブレーションの文化。

わくわくする未来を語りあい、共に歩む物語を語りあう、活発なナレーションの風土。

そしてそこは高いモチベーションが溢れ、沢山のエネルギーが溢れている……。

( モチベーションについては、別項の 「 モチベーター機能 3×3のポイント 」 も、ご参照戴ければ幸いです。 )

この回のセミナーに参加した方々からは、帰りがけに、

「 まず明日から、メンバーひとり一人ともっと丁寧に愛情をもって接したい…… 」

「 同じ一人の人間として生まれ、同じ時を生き、縁あって共に仕事をしている。
 改めてそのことの尊さに気づいた気がします。
 なんだか、部下ひとり一人がとても愛しく思えてきました 」

などのお言葉を頂き、会場全体はちょっと温かい空気に包まれました。

私は想いました。

活性スパイラルが健全に回っている組織は、きっとこの雰囲気のように温かい……。

この5つのションとこの雰囲気を創り出して戴いたご参加の方々。

この皆さんなら、きっとよりいっそうの活性スパイラルを創っていく……と。

《 コラム一覧はこちら 》 ・ 《 コラム アーカイブスはこちら 》

←「組織活性化10のポイント前章へ続きへ活性スパイラルに舵を切るP2」→

ページ上部へ戻る