アクトビジョン 人と組織の未来のために

1月, 2014年

2014-01-30

募集・採用 ‐ 低予算チャネルを活用する①

企業経営や人事を担う皆様をはじめ、採用や面接を担う皆様を応援する連載コラム。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
前回、低予算でもできるWEB活用……モバイルサイトについてご案内させて戴きましたが、この項では、WEB以外の 「 低予算でもできる募集活動 」 について触れておきましょう。

募集・採用活動は大きな予算がかかるもの……そう思い込んでいらっしゃる皆様、募集活動のチャネルには、低予算でも効果を発揮する様々な方法があるものです。

recruiting_low_cost_1

最初にご案内するのは、既存の従業員さんから、自社や自店舗で働きたい友人や知人を紹介してもらうという方法です。

自社や自店で働き、自社や自店のことを良く知っている既存の従業員さんたち。

その仕事ができそう、一緒に働く仲間として自社や自店舗の風土や文化に合うなども含め、 各従業員さんから見ても 「 自信のある 」「 相応しい方を 」 紹介することがほとんどで、質の高い人材と出会えるケースも多いものです。

このチャネルを上手く活用している企業様の中には、年に数回ほど 「 紹介キャンペーン 」 と称し、告知や運用をイベント化しているケースもあります。

自社のビジョンと連動させたポスターを制作したり、紹介してくれた方への商品や商品券を用意したり、ポイント制等のルールを作り表彰したり……と、それぞれのケースで高い成果に繋げています。

普段から自社の 「 求める人物像 」 「 提供価値や大切にする考え方 」 「 魅力や強み 」 「 採用計画 」 などの共有も含めて、後ほどご紹介する 『 ワガコト採用の組織創り 』 と合わせて進めると更に効果的で、「 まるで採用担当者が何倍にも増えたよう…… 」 というお声を頂いたこともありました。

メリットとデメリットは上記の通りですが、現場マネジメントの工夫だけで質の高い人材が採用できるメリットを考えると、最もお勧めしたい低予算採用の方法かもしれません。

recruiting_low_cost_2

続いては低予算募集の代名詞、張り紙募集案内POP、少し拡大して募集案内カード冊子などによる方法です。

オフィスや店舗の雰囲気によって、入口や目立つところには募集案内を掲示しにくい……というお声も戴きますが、

・レストルームやトイレの活用

・企業案内や店舗案内、イベント等の案内と一緒に掲示する

・他の案内パンフレットと共に設置する

など、それぞれの雰囲気やお客様の層にあわせ、様々な工夫の仕方はあるものです。

掲示方法も、持ち帰り用の名刺大のカードを添えたり、気軽なポストイット形式にしたり、まず携帯から空メールを送ってもらったり……など、保存性や応募行動へのアイデア次第で更なる効果が期待できます。

積極的な事例では、採用ターゲットと一致するお客様に、店舗案内等と上手く組み合わせた 「 募集案内 」 入りのミニ冊子やチラシをお渡しし、高い成果を上げている例もあります。

飲食業や流通業など、個人客向け業態の店頭でイメージされ易い方法ですが、本社オフィスで工夫して掲示していたら、仕入れ先企業の営業担当者から紹介が……等のケースもあり、他の多くの業界でも応用が可能です。

お客様は、自社や自店舗を知り尽くしているファンでもあります。

既に自社や自店舗についての知識がある方々、共感性・親和性の高い方々が採用できるのが大きなメリットです。

recruiting_low_cost_3

問題のある離職をした場合は別の話ですが、一旦種々の理由で退職した優秀な社員さんが 『 カムバック 』 し易い風土や制度は整っているでしょうか?

終身雇用の時代は馴染まなかった 「 離職した社員の復職 」 も、今や採用戦略の一つ。

労働力人口が減少へ転じている昨今、「 結ばれた縁を大切にする 」 企業が採用力を高める時代になってきています。

優秀な社員さんと離職後も繋がり続けられる関係性創り。

離職時の心を込めた送別会、メッセージを寄せ書きした色紙・アルバム・手作り冊子。

社内倶楽部活動の活用やイベント等の企画で、時には顔を合わせる機会創り。

更に前に進め 「 復職制度 」を整備する企業様も増えています。

自社風土とのフィット、復職者の見極め、運用を始めてから数年単位でようやく効果が出るなどの課題はありますが、自社の理解も含め超即戦力となる人材の再採用、他社を経験した上での復職なので離職率が低い傾向がある、ケースによっては更に成長した状態で復職……など大きな効果が魅力です。

妊娠や出産への諸制度との相似から、大手企業をイメージされる方もいらっしゃいますが、こちらの想定は他社へ転職した方の復職で、中小企業での成功事例も数多いチャネルです。

 
次回は、アルバイト・パートさんに特化した事例を見ていきましょう。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

2014-01-25

WEB活用の敷居を下げる ‐ この有効な選択肢

組織活性化、最高のチーム創りの入り口である募集採用活動。

企業経営者様や組織マネジメントを担う皆様をはじめ、
人事や採用を担う皆様に贈る 「 採用力 」 を高めるためのヒント集。

アクトナビの藤井です。
毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
ご案内している、 募集・採用活動におけるWEBやネットの活用・連動 。

「なるほど。確かに今の時代WEBページの活用は良いということは解った。
   いや~、でもそれらを導入する手間暇やコストを考えると…… 」

WEBやネット活用のご案内の際、こういった声を必ず頂きます。

皆様の中にも、WEB活用は敷居が高い……そうお感じの方がいらっしゃる事でしょう。

本格的なホームページを最初から作成しようとすると、掲載するための写真撮影やイラストやデザインや……。

その上、無料サービスを活用して自作するなら別ですが、専門会社に依頼すると、最低でもだいたい新入社員ひとりの1ヶ月分の人件費よりちょっと多い位の予算が必要……。

少し考えてしまうのも頷けます。

 
一方で、求人広告予算をその何倍も掛けている場合は全く別の話ですが、この時、毎回そういったお声のハードルを下げているのが 「 モバイルサイト 」 です。

携帯電話やスマートフォン専用のWEBページの活用です。

 
「 モバイルサイト 」 は、画面の大きさの特性から、文字情報中心のものが多く、写真やイラストやデザインも、それほど凝る必要がありません。

写真やイラストやデザインを凝る必要がありませんから、社内や自店での作成も容易。

無料サービスを利用しても遜色ない情報提供ができますし、これなら、新入社員ひとりの “ 1日分 ” の人件費を基準にする位の予算……で作ることができます。

 
WEB活用の最大の効果は、求人広告や媒体だけでは伝えきれない沢山の情報を届けられることです。

それによって、自社や自店への理解、共感、応募意欲を高められたり、信頼感を高められたりすることは、携帯電話やスマートフォンのWEBページでも充分可能です。

 
一方で、WEB活用のもうひとつの効果は、特にアルバイト・パートさん採用にお悩みの企業様で好評です。

WEB活用のもうひとつの方の効果は、いわば 「 応募者予備層 」 を増加させ、応募行動の導線を強化できること。

この点について、特にアルバイト・パートさん採用に活用している企業様から 「 ホームページよりモバイルサイトの方が有効なくらい 」 ……というお声を数多く頂いています。
 

実際に、アルバイト・パートさん採用でお困りだったあるお客様。

それほどコストが掛からないなら……とモバイルサイトを導入され、ある現象に大変驚かれていました。

応募者の中に “ 求人媒体は見ていない ” という方が多く現れたのです。

真相は、最近若者層の間で 『 いいね! 』 に続き急速に広がる 『 シェアする 』 にありました。

“ 求人媒体を見た ” 方が 「 一緒に応募しない? 」 とか 「 この募集お勧め! 」 「 これ共有しておくね! 」と友人にモバイルアドレスを転送。
その友人がまた友人に 『 シェアする 』 ……という現象になって、「 まるで WEBページが自動的に求人活動をしてくれたようで…… 」 と仰っていました。

 
募集・採用活動の成果を、更に何倍にも高める、募集・採用活動のためのWEBページ。

手間暇やコストを考えてしまうなら、まずモバイルサイトのWEBページから……というのも、有効な選択肢のひとつです。

←「採用力を高める応募者の声」前章へ次章へ「低予算でもできる募集・採用

2014-01-20

WEBページ と バラの花 ?!

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

募集・採用活動の成果を、更に何倍にも高める 募集・採用活動のためのWEBページ

採用広報の一環ですが、WEB・ネット活用ならではの特性を押えることも大切……という側面から、WEBページならではのポイントも付け加えておきましょう。

 
ちょっと抒情的な例えかもしれませんが、WEBページを構築していく時、皆様はこんなふうに感じることはありませんでしょうか?

『 WEBページは、庭に植えたバラの花に似ている…… 』

 
もちろん、バラの花は一例です。

バラに限らず、庭に植えた木々や草花、屋内の観葉植物でも良いのですが、ここでは 「 バラの花 」 を一例に取りあげ、ご案内を進めていきたいと思います。

 
そのバラの花を綺麗に咲かせるためには、日当たりの良い場所に植えるのはもちろん、定期的に水を遣り、肥料を施し……更に咲き終わった花は剪定し、アブラムシ対策もしていかなければなりません。

ただ植えつけて、放ったらかし、何もせず待っているだけでは、綺麗な花は、なかなか咲いてはくれないものです。

Web page and the rose

これは、WEBページも同じです。

WEBページを一度作って、放ったらかし、何もせず待っているだけでは、思う成果になかなか結びついてはくれないものです。

バラの花に水をあげたり、肥料を施して育てていくように、WEBページもちょっとだけ手をかけて、育てていく感覚が大切。

WEBページを構築しはじめたら、ちょっとづつ手をかけ育てていく。

そうして初めて、思う成果に結びついていくわけです。

 
バラの水遣りは、WEBページの定期的な更新にあたるでしょうか。

古い情報や古い写真をそのままにしておくのは、管理能力がないことをアピールしているようなものです。
せっかく構築したWEBページが逆効果になってしまいます。

ブログなどと連動させるのであればなおさらですが、定期的に最新の情報に更新しておくことが大切です。

 
次に、バラの肥料は、WEBページのSEO対策にあたるでしょうか。

アクセス数やPV解析などから、より見て欲しい方々に届くよう、ちょっとしたレイアウトの工夫や文章作りを改善。

栄養を充分に吸収したバラのように、WEBページが、ぐんぐん枝を伸ばしていきます。

 
そして、バラの花のように剪定が必要になることもあるでしょう。

募集の終わった職種の情報や、募集していない店舗などの情報は、咲き終わった花を剪定するように、いったん掲出から外しておく。

 

常に最新の情報にしておくことで、次回、更に綺麗な花が咲きやすくなるものです。
最後は、心配なアブラムシやうどんこ病対策です。

そう、ウイルスやセキュリティ対策、最近時折ニュースになるリスク対応も忘れずに……ですね。

←「採用力を高める応募者の声」前章へ続きへ「採用活動のWEB活用P2」→

ページ上部へ戻る