アクトビジョン 人と組織の未来のために

4月, 2013年

2013-04-25

『採用力』の2つめの要素とは……

企業経営者様や店舗オーナー様をはじめ、人と組織の成長、発展を想う……。       
そんな熱い想いの皆様を、更に熱い想いで応援する募集採用活動のヒント集。

アクトナビの藤井です。毎々ご愛読頂きありがとうございます。

 
最高の組織創りの入り口である募集・採用活動。

その 『 募集・採用活動の成功法則 』 の3つめ、 『 採用力 』 を高めるということ。
 
今回から、『 採用力 』 の2つめの要素についてご案内していきましょう。

 
採用力 = B × M × W × R

で、「 M 」 から始まる2つめの要素は、前章の 『 B = 事業や企業が持つ力 』 より、もう少し手を付け易い領域です。

そして、以前伝説の求人広告でご案内した 「 何を為すのかという仕事そのものの真価 」に繋がっている領域でもあります。

更にお伝えするなら、子供たちに 「 将来は……? 」「 大きくなったら……? 」 と問い掛けると、最も多くイメージされ、将来の夢や志としても描かれます。

何を為すか……に繋がり、子供たちが将来像として真っ先に描く、採用力の2つめの要素。

それは、「 Mission & Culture – 仕事内容や仕事環境 」 です。

recruiting_power2_sample_01

詳しくは上図に整理しましたが、人が 「 はたらく 」 ことをイメージする時、確かに多くの人は 「 どこで働くか 」 よりも 「 どんな仕事をするか 」 を先に思い浮かべます。

小学生の文集も、自分の将来の夢について 「 何を為すか 」 「 どんな仕事をしたいか 」 が記されている文がほとんどでしょう。

野球界のイチロー選手、サッカー界の本田圭佑選手のように、「 どこで、どの組織で 」 迄イメージできる子供たちもいますが、それは「 何を為すか 」 の先にあるもの。

だからこそ多くの求人媒体は 「 職種 」 をキーワードとした検索機能を備えていますし、「 人気職種 」 が 「 人気特集 」 や 「 目玉企画 」 になるわけです。

そして、「 何を為すか 」 「 どんな仕事をするか 」 に命を吹き込み、その進化まで促すのが 「 仕事環境 」 です。

それは広い宇宙の太陽系の中、唯一生命を育んできた母なる星……地球の環境のように、ミッションの遂行を活性化させ、その進化を後押しします。

人に意義あるミッションを与え、ひとり一人が成長し、より活躍できる組織創りを推進することが、採用力を高める……。

それは、

人が活かされ、人が成長活躍し、ミッション遂行の環境を積極的に高めようとする組織には必要な時に必然ベストな人材が集う

……という摂理のような姿をしていて、「 採用力のBの要素 」 に続いて、こちらも採用力の本質を語り掛けているかのようです。

◊ ◊ ◊

ここで、

「 仕事環境の方は分かるけれど、募集する仕事内容の方は変えようがないのでは? 」

とお感じの方もいらっしゃるかもしれません。

集まりにくい職種だからと、募集する職種や仕事内容自体を変えるわけにはいかない。

多くの場合、確かにその通りです。

しかし、目的は採用活動における 「 採用力 」 を高めることです。

その仕事のやりがい、面白み……という視点。

その仕事が生み出す価値や貢献……という視点。

その仕事により、どんな人たちにどう喜ばれるのか……という視点。

流石に 「 募集する職種 」 や 「 採用後の業務 」 が変えられなくても、こういった視点で 「 その仕事の本質や価値 」 を見出し、求める人物像層に訴求する 「 仕事内容 」 を高めることはできます。

後程ご紹介の 「 石を積む人・城を築く人 」 の寓話の言葉を借りるなら、同じ業務でも、「 石を積む人 」 を募集するのか、「 城を築く人 」 を募集するのかの違いです。

その仕事の本質が 「 城を築く人 」 であるにもかかわらず、「 石を積む人 」 として募集してはいないか。

少しだけ本質に近づいていても、「 石垣を作る人 」 で留まってはいないか。

採用力の2つめの要素 「 Mission & Culture – 仕事内容・仕事環境 」 を活用していく上で、ここは第1のポイントになります。

 
この辺りは視界に入れる時間や空間の広がりによって、人材育成のヒント の項でご紹介した 役割設計や目標設定 等にも関わるところです。

実は、固定観念を外し、組織設計役割設計の視界に立ち戻れば、仕事内容や職種の名称が変わる……というケースも、意外に少なくはないことを付け加えておきましょう……。

ここは、組織設計や役割設計等が視界に入っている経営層の方々や、組織を担う方々には、自ずとイメージされるところかもしれません。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「採用力の1つめの要素」前章へ

2013-04-19

採用力 = B × M × W × R

そして、3つめにお伝えしたいこと。

それは、

そんな想いをもつ企業様にこそ、『 採用力 』 の残り3つの要素を、ぜひご案内したい     

ということです。     

『 採用力 』 = B × M × W × R

と、大きく分けて4つの要素から成り立っていて、それは掛け算になっています。     
     
例えば、Business & Companyが10の力の世界的ブランド企業でも、Mが5、Wが3、Rが1の力なら、

採用力 = 10 × 5 × 3 × 1

と、この時の採用力は150になります。

しかし、Business & Company が2の力しかない状況でも、Mが5、Wが7、Rが10なら

採用力 = 2 × 5 × 7 × 10

と、採用力は700となり、前述のブランド企業様の例を上回ることができるわけです。

前々回 触れたように、まずご紹介した 『 Business & Company = 事業や企業が持つ力 』 は、その多くが経営や企業戦略にかかわる領域。

向上させるためには、他の3つに比べて、確かに最も時間や予算やパワーがかかるかもしれません。

であるなら、早急に採用力を改善し高めたいなら、相対的に手をつけやすい他の3つの要素を積極的に活用しましょう……と。
    

では、もう少し手をつけやすい他の3つの要素とは?

次回からは採用力の2つめの要素 『 M 』 に進み、順にご案内していきましょう。

←「募集採用の成功法則3」前章へ次章へ「採用力の2つめの要素」→

2013-04-15

それは繋がっているからこそ……

お伝えしたい2つめのこと。

それは 「 事業や企業自体が持つ力 」 を高めることと 「 採用目標をどう実現するか 」  は繋がっている……ことを踏まえる重要性です。

このWEBサイトを開き、このコラムをお読みの皆様だからこそ、

『 組織の進化・発展を担う身として、 “ 企業力 “ を日々高めようとしている 』

はずではないかと思います。

セミナーなどでは、前々回添付した図 をもう一度映し直しながら、

例えば、

・自社や自店舗に、より良い歴史を刻もうとすること

・自社や自店舗の信頼性、安心感を高めようとすること

・更に認知度を高め、より良いイメージを持って頂こうとすること

・より良い商品、より良いサービスを提供しようとすること

・自ら描く将来構想へ向け、戦略を策定し実現させようとすること

・働く一人ひとりの成長を想い、個々のスキルや知識を高めようとすること

・より良い組織を創ろうとし、組織力を高めようとすること

・働く場をより充実させ、更に活気ある組織にしようとすること

・更にたくさんのお客様を集め、よりいっそう支持され、満足して戴こうと努力すること

などの中で、日々心がけ努力されていることはございませんか……と続けてみます。

の中の要素を一つひとつ挙げていくときりがないかもれませんが、力を入れていること、日々目指し心がけていることは、組織を担う方であれば、必ず1つや2つは持っている……とお応え頂きます。
( 全てに渾身の想い……とお応え頂く方々も多くいらっしゃいます。 )

大切なのは、

そのことと 「 採用すること 」 「 採用目標をどう実現するか 」 は繋がっている

ということです。

せっかく同じことをするなら、ここをしっかり踏まえながら行う……のです。

企業力を高めることは、全ての企業様がいきなり世界に名だたるブランド企業を目指すことではありません。

例えばですが、日々目指している地域で人気の繁盛店……からで良いのです。

そのことと、「 人を採用する力 」 は繋がっている。

今、力を入れていること、日々目指し努力していることを、繋がりを踏まえながらやる。

今までやっていたことに 「 人材採用 」 との繋がりが踏まえられると、一つひとつの動きが、しっかり相乗効果を生み出すようになっていきます。

同じことをしていても、一石二鳥、一石三鳥の成果が視界に入ってもきます。

視界が広がっていくことで、戦略や実行計画や組織の創り方、売上や利益の生み出し方まで変わっていった企業様もいらっしゃいます。

一生懸命アクセルを踏みながら、同時に別の面ではブレーキを踏み続けていた

藤井さんのセミナーで、そこに気づいたのが大きな機会だった……そう仰って戴いたこともありました。

こうなると地域で人気の繁盛に近づいてきたのに、人材が集まらないし採用もできない……そんな現象は起こらなくなり、なんだか全てが好転していくようにさえ感じるそうです。

「 心がけ力を入れていること ・ 日々目指し努力していること 」 と、「 人材採用で悩まなくなること 」とをしっかり繋げ、アクセルとブレーキを同時に踏んでいることはないか見直してみる。

『 採用力 』 という考え方は、こんな視界も提供しています。

《 コラム一覧はこちら 》《 コラムアーカイブスはこちら 》

←「募集採用の成功法則3」前章へ続きへ「採用力の1つめの要素P2」→

ページ上部へ戻る